便秘

2018年1月12日 金曜日

リンゼスの市販後調査

新しい下剤の、リンゼスの市販後調査が発表されました。

腎臓病や透析患者さんの調査ではなく、すべての患者さん対象のものです。

また、あらかじめ言っておきますが、これは副作用の報告であり、割合を示したものではありません。

これを言っておかないと、なんて副作用が多いと誤解する方がいらっしゃいます。

あくまで、副作用だけを集めた報告です。

副作用報告を拝見すると、やはり副作用の中で約8割が下痢でしたね。

高齢者だけではなく、全年齢で下痢が発生するようです。

予想外なのは、他の下剤を飲んでいる人に多くみられるのではなく、リンゼス単独でも下痢をきたす割合が多かったことです。

これは下剤を2種類以上飲んでいる方が少なかったのかもしれません。

下痢は内服して2日以内に発症するようで、もし、下痢をしたとしても3日以内にはだいたい回復しているようです。

実際使用しても同じく2-3日以内に回復しているように思えます。

下痢を発症した患者さんはリンゼスを続けるのかどうか?

57%は中止しており、25%は減量しています。

14%の方はそれでも継続しているようです。

下痢も程度がありますし、便が出たというすっきり感はありますので、便秘よりはいいだろうということで継続する方もいらっしゃいます。

毎日の方もいらっしゃいますし、屯用で使用されている方もいらっしゃいます。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年10月 9日 月曜日

弛緩性便秘に対して

透析患者さんは便秘が多いです。

便秘となると、薬ではプルゼニド、センノサイドなどセンナが有名です。

でも使っているとだんだん効き目が低下しますし、メラーノシスと言って大腸の粘膜に色が悪くなります。

ただ、下剤を使わないわけにはいきません。

下剤を使っているかたは弛緩性便秘と言って腸の動きが悪くなり、腸が拡張して、便が出にくくなります。

出ても、硬い便などになることが多いです。

胸部XPととるときに一部、腸も見えますが、便塊があり、腸が拡張しているので弛緩性便秘を疑います。

このようは方には緩下剤やアミティザがいいとされています。

緩下剤は酸化マグネシウムが使用できないので、Dソルビトールを使用します。

アミティーザは小腸から水分を分泌させる薬で、便秘治療でもエビデンスグレードが最も高いⅠとされており、推奨レベルもAとされています。

最近では同じく小腸から水分を分泌させる薬でリンゼスも発売になっています。

おそらくですが、いずれはリンゼスもエビデンスグレード、推奨レベルと主にアミティザと同じレベルになると思います。


実際はセンナ、大黄、ラキソベロンを用いつつ、Dソルビトールやアミティザ/リンゼスを用いることが多いですが、できれば、センナ、大黄、ラキソベロンを減らせればいいなあと思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年10月 4日 水曜日

リンゼス、アミティーザの注意点

便秘の方が多く、通常の下剤で効果がない方にアミティーザやリンゼスなど

小腸から腸液を分泌させ排便させる薬があります。

とても効果が高く、時に効果がありすぎて水様性下痢になってしまいます。

効果発現は比較的早く、内服して4-5時間後くらいに出ます。

効果時間はそれほど長くありません。

ですので透析の方は透析ある日の昼、透析のない日の朝に飲んでいただいております。

透析の方に比較的多く処方していますが、結構効果は高いと思います。

下痢になりすぎる方は毎日内服していませんが、時に頓用のようにして内服される方もいらっしやいます。

ただ、注意としては、

内服して数時間たつと、おなかがゴロゴロ鳴ってきます。

それは腸液が分泌しているサインなので効いているサインとも言えます。

しばらくして催すようになってくると思いますが、できればそこで我慢せずに、素直にトイレに行ってほしいのです。

その時にすっきり出るかどうかはわかりませんし、何回もトイレに行くことになるかもしれません。

ですが、催す時期に行っておかないと、しばらくすると腸にたまった水分が再度大腸から再吸収され、

便意がなくなってしまう恐れもあります。

リンゼスやアミティーザを内服される方は便意を催したら、何回か行くかもしれないけど出たらいいかなあという軽い気持ちでトイレにはいってほしいと思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年2月28日 火曜日

新しい下剤「リンゼス」

来月、あらたしい下剤「リンゼス」が発売になります。

腸から水分などが分泌され、弁の塊を大きくする薬です。

アミティーザとよく似た薬ですが、1日1回投与で、アミティーザで問題のあった嘔気の副作用も改善されているようです。

また、脳の大腸に関する痛みなどの近くを抑えるようで、便秘で腸が張ったり、腹痛などの辛い症状も軽減するというありがたい作用もあります。

適応は便秘型過敏性腸症候群ですが、これは便秘で、腹痛や腹部膨満感などの症状がある方に適応になりますので、一般的な便秘といわれる人は当てはまることが多いような気がします。

内服した初日から便が出て、効果はつ便も早く、また52週間の試験でもかなり有効だったようです。

1日1回食前で、食後に飲むと下痢をしやすいようなので気を付ける必要があります。

また、腎臓病や透析の方にも問題なく使えるので安心してください。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2016年12月27日 火曜日

新しい下剤の登場


アステラス製薬から新しい下剤が発売されます。

リンゼスという「アミティーザ」に似た

薬になります。

小腸で水分を多く出すことによって

便の量を多くします。

アミティーザに比べて、嘔気や嘔吐の頻度は少ないといわれていますが、実際はどうですかね?

アミティーザは習慣性便秘という

保険病名ですが、リンゼスは「過敏性腸症候群便秘型」。

腎臓病の方にも使用できます。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら