患者さんへの説明

2019年2月16日 土曜日

夏の災害への心構え

2018年7月7日西日本豪雨より加古川の水位は4.75メートルまで上がりました。

堤防の限界まで約2メートルと迫る勢いでした。

加古川市民の約60%あたる16万人の市民に対し避難勧告が発令されました。

しかし実際に避難された方は約0.3%とされています。

避難勧告の前情報にあたる避難準備、高齢者など避難開始の発令がなく、不意打ちの避難勧告に驚かれた方も多いのではないでしょうか。

2004年以降の約15年ぶりの氾濫危険水域の上昇。

不安な日々を過ごされた方も多いと思います。

2018年の災害は10年に1度の災害なのか?

これから毎年のように発生するものなのか?

前者を祈るばかりです。

自治体を中心とした避難計画の修正や再検討が必要と思いますし、我々も、今年の夏までには、クリニックとして個々の対策を立てる必要があります。

透析クリニックでは患者様に対して、透析を週3回行う必要があります。

診療時間内の避難勧告を発令時の対応、診療時間外に発令された避難勧告への対応の大きく二通り。

透析スケジュールの変更については状況と曜日を考慮し、柔軟に対応していくとともに、患者様にも災害時のスケジュール変更等に関してのご協力を仰いでいきたいと思います。

来月には避難訓練を行い、再来月には透析患者様への勉強会を予定しています。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2012年7月20日 金曜日

透析導入前指導

慢性腎不全が徐々に悪化し、クレアチニンが上昇してくると必然的に透析に話しになります。

当院は透析導入後の教育や指導はある程度できるようになりましたが、保存期腎不全の教育指導はまだまだです。

現状ではあくまで私が外来診察外に時間を取って話をしている程度です。

外来でももちろんお話はしています。

まず透析方法について。

血液透析、腹膜透析、腎移植の話をきちんとすること。

そこでもし血液透析を選択される場合は食事やその後の生活について。

透析になると生活が変わってしまうという不安は誰しもが持っています。

透析に入ると確かに生活に変化は生じますが、決して人生の終わりではないということ強い言い続けています。

あとは透析時間についても説明をしています。

保存期の指導は看護師も交えてした方がよほど効果的ですし、患者さんの不安も軽減できることがあります。

看護師の視点というのは医師の視点とは違い、より患者さんサイドに立った目線でお話しすることができます。

また患者さん側も医師には言いにくいことも看護師さんであれば質問できることも大いにあります。

ですから保存期指導は医師、看護師の両者で進めていくべきであり、もし血液透析を選択されたら臨床工学技士にも協力してもらってより理解してもらえるよう努めていくべきだと考えます。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年11月18日 金曜日

2回目の勉強会

今日も同じく災害対策の勉強会をしました。

こちらとしては昨日の初めての勉強会と比べてリラックスをしてお話しすることができました。

せっかくするんだから少しでも分かってほしいと思いながら少なく、わかりやすくを心掛けたつもりですが、伝わっているなあとやや心配にもなります。

昨日と今日の経験を踏まえて思ったことはあらかじめ患者さん全員に災害対応マニュアルを手渡すこと。

最低限のことをわかりやすく書いたもの。

実際、震災時に役立つかもしれない。

役立つようなマニュアルを想定の範囲で作りたいと思います。

勉強会を行った"今"こそ作成する必要があると思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年11月17日 木曜日

地震対策の勉強会

本日、当院初の患者さん向けの勉強会を行いました。

本当にたくさんの方がお越し下さり本当に感激しました。

中には午前の透析後約3時間も待って頂いた方もいらっしゃいました。

内容は震災対策について。

私がパワーポイントで守って頂きたいルール、兵庫県における震災の可能性(南海地震・山崎断層南東部)、透析中に地震が起こったらなどについて説明をしました。

その後、師長が震災体験を話し、その後技士により実際の透析離脱方法についての実演がありました。

特にやってよかったなあと思うのが実演です。

実演になると患者さんそれぞれが発言し、患者さんの立場からの意見が聞けるからです。

実演としては透析中の離脱方法。

透析回路の血液を捨てて、抜針せずにキャップして終了する方法。

コンソールの裏側にあるハンドル操作での透析回収方法。

それを聞きながら患者さんは

「これは実際にはできない」

「どこまでやっていいのかわからない」

「目が見えないからできない」など。

また災害ダイアルの説明についても教えて頂きました。

本当に有り難いことですし、本当にやってよかったと思いました。

これを聞いて、材料が多すぎるほどパニックを引き起こす可能性があると思いました。

実際はハンドル操作での回収は極めて困難だと思います。

ですからここまでは患者さんにして頂いて、その後はスタッフでやるなどの線引きが必要だと思いました。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年11月15日 火曜日

初の患者さんへの勉強会

当院ができて2年余り。

ついに患者さん向けの勉強会を開催することになりました。

ついに。。とういことは初めてということです。

色んな施設があると思いますが、「初めて」というと驚く患者さんもいらっしゃいました。

当院の地区は極めて坂が多く、勉強会をしてもなかなか患者さんは足を運ぶことができないだろう。

などと勝手かつ失礼な思い込みがあり勉強会を開かず、広報誌で勉強会の代わりをしていたという経緯もあります。

そういう流れのところ、非常にまじめなジェントルマンから「災害について教えてほしい」という要望を頂きました。

患者さんの要望とあればしない理由はありません。

たとえ参加者が一人でもやろうということで一致団結し行うことにしました。

当院は毎日2クールやっている関係もあり、参加しやすいように2日間に分けて予定を組みました。

「何人くるだろう」

少なくてもやることの覚悟はできていましたがやはりやるからには来てほしいという希望もありました。

なんと1日目は15人、2日目も10人近く来て下さることになりました。

勉強会の日は送迎がないにもかかわらず、坂が多く、交通の便も決して良くないにもかかわらず来て下さるのは本当に嬉しく思いました。

医師、看護師、技士の順番で

①透析室で災害が起きたら。。。

②私の震災経験

③緊急時の離脱方法の実演

を行います。

本日は予演会をして内容をお互いに詰めました。

本番は今週木曜日、金曜日です。

患者さんにわかってもらえるよう、満足してもらえるよう頑張ろう。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら