糖尿病

2018年11月13日 火曜日

トラディアンス配合錠

ドラディアンス配合錠は糖尿病の薬で、トラゼンタとジャディアンスの合剤です。

トラゼンタはDPP-4阻害薬、ジャディアンスはSGLT2阻害薬です。

この2つはそれぞれ血糖降下作用が強く、一つ一つの薬剤でも有効に血糖値が下がります。

しかし、糖尿病の方は約87%の方が2種類以上の薬を飲まれていると報告されています。


この配合錠は、ヘモグロビンA1cで1%前後低下すると言われています。

しかも、もともとトラゼンタを内服していて、ドラディアンス配合錠に変更後のした報告なので、合剤にすることでより、HbA1cが下がる可能性があると思います。

ただ、ジャディアンスはSG LT2阻害薬なので尿量の増加に注意しなければいけません。

特に投与開始初期には大量の尿が出ますのでその分水分を取る必要があると言われています。

注意点を守れば、臨床試験でも優れた結果を残している両薬剤なので、期待できる組み合わせだと思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年11月 1日 木曜日

糖尿病の薬マリゼブの腎機能区分別の安全性と有効性の中間報告を読んで。

全体では、HbA1cが7.78%から6.7%まで低下していました。

中等度腎機能の方は、7.09%から6.62%まで低下していました。

透析の方ではグリコアルブミンで評価しますが投与前では23.9%でしたが、1年後には21.5%と低下していました。

マリゼブは週1回の投与するお薬ですが、患者さんの98.9%が決まった曜日に週一回、きちんと内服できたと言う結果が出てます。

マリゼブの腎機能保護効果があるかという点に関しては、この経過だけでは判断できませんが、明らかな予防改善効果は無いような印象をうけました。

継続性が高いお薬で、安全性も証明されましたので、腎障害がある方にも使えるお薬だと思います。

週一回の薬ですので、決まった曜日に飲める方でないと処方はしにくいですが、

内服のするお薬の数が減るのでその点は非常に患者さんにとっても良いお薬だと思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年10月 3日 水曜日

DPP-4阻害剤の合剤

DPP-4阻害剤の合剤が発売になりました。

DPP-4阻害薬「スイニー」+メトホルミン=メトアナ配合錠LDとHD この配合は、過去にも、エクメット、イニシンクがあり、3番手。

DPP-4阻害薬「トラゼンタ」+SGLT-2阻害薬「ジャディアンス」=トラディアンス配合錠APとDP。

この配合もカナリア、スージャヌがあり3番手。

DPP-4阻害薬にしてもSGLT-2阻害薬にしても、各社特徴がありますが、トラディアンスはいい組み合わせかもしれませんね。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年9月19日 水曜日

CANVAS試験サブ解析

糖尿病のSGLT-2阻害薬の「カナグル」が使われたCANVAS試験という臨床試験があります。

このサブ解析(約6年間)で腎保護作用が報告されました。

SGLT-2阻害薬は基本的には高度な腎障害では効果が期待されないので使用されませんが、推定GFRで45以上では使用することがあります。

この結果を見ていますと CKDステージで ステージ1、ステージ2、ステージ3a、ステージ3bのどのステージでも、投与初期ではGFRはいったん低下しますが、その後上昇し、プラセボと比較して、腎機能は維持されています。

糖尿病性腎症では年々腎機能が低下しやすいのですが、この試験では、特にステージ3bで腎機能が安定しているという有意義な結果が出ました。

腎障害の進行抑制、透析への進行抑制も示されています。

副作用に留意しながら、腎保護作用+血糖低下作用が期待できるといえるでしょう。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年8月16日 木曜日

透析患者さんの血糖目標について

透析患者さんでは血糖値の目標をHbA1cではなくグリコアルブミンを使用されます。

心臓病がある方の目標値は

グリコアルブミン24%未満

とされています。


グリコアルブミンの方がHbA1cよりも透析患者さんによって生命予後など関連するとされているので、最近ではグリコアルブミンが通常の項目となっているを思います。


しかし、一方で糖尿病領域では

HbA1cが用いられており、

目標値も、年齢や低血糖が起こしやすい薬を使っているか、認知症があるかないか、合併症が多いかどうかなどいろんなカテゴリーに分かれています。



たとえば、透析患者さんで心臓病があって、インスリン使っている人の目標は

HbA1c8.5%未満で、かつ7.5%以下にしない

という目標になります。


透析学会のガイドラインを使用するのか?

糖尿病学会のガイドラインを使用するのか?


私は透析学会のガイドラインを使用していますが、糖尿病専門の先生は糖尿病学会を使用すると思います。

是非は問いませんが、透析患者さんにおいてはGAとHbA1cのギャップが結構あるので、個人的にはGAの方がいいのかなあ・・・と思っています。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら