胃腸の症状

2014年7月 7日 月曜日

潰瘍性大腸炎に対するGCAP療法

当院では潰瘍性大腸炎やクローン病に対して中核病院と連携し、GCAP療法を行っております。

中核病院で主な治療をし、当院ではGCAPという暴れている顆粒球を除去する方法を行っております。

それを吸着することによって炎症が軽減し、下痢、下血、腹痛など緩和させることを目標としています。

1クールで10回行うことができます。

1回あたり約1時間で、吸着カラムを使用します。

針を刺して、血液を採り、吸着カラムで顆粒球を吸着し、もう一方の回路から返血します。

いつから効果があるのか?

潰瘍性大腸炎の場合を下記に記します。

下の論文を見てみると5回目になると効果が発揮します。

早い方は1-2回で腹痛や下血が軽減することはよく経験します。

逆に言うと5回行っても効果がない場合はGCAP療法は中止したほうがいいと思います。

ペースは基本的には週1回ですが、下血などの症状が強いときは週1回より、週2回(下図の下ではintensive)のほうが効果が高いようです。

つらくて一日でも早く症状をマシになってほしいときは週2回、そこまで慌てることがない場合は週1回のペースで開始するのがいいと思います。

今日は透析クリニックの違う側面をご紹介いたしました。



投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2013年5月27日 月曜日

機能性ディスペプシアについて

機能性ディスペプシア(略してFD)は胃もたれや胃痛などのつらい症状が現れる疾患です。

「機能性」ということだけあって、胃カメラなどの検査を行っても異常がないのに、症状がつらいということです。

このような方は結構いらっしゃいます。

胃痛や胃もたれなどの症状がある方は結構いますが、実際胃カメラをして胃潰瘍や悪性腫瘍があった方はかなり少ないといえます。

FDは大きく2つに分かれて、「食後愁訴症候群」と「心窩部痛症候群」があります。

「食後愁訴症候群」は「つらいと感じる食後のもたれ感」や「食後すぐにおなかがいっぱいになって食べれなくなる」という症状です。

「心窩部痛症候群」は胃のあたりが痛かったり、熱くなったりします。

これまでこれまでの症状に対してはムコスタなどの胃粘膜保護剤、タケプロンやガスターなどの胃酸抑制剤が使われることが多いです。

また胃の運動をよくするためにナウゼリンやガスモチンを併用します。

しかしよくならないことも多く、こんな方にこれまで漢方薬の六君子湯、安中散、半夏瀉心湯などを組み合わせていました。

漢方薬がのめる方はよかったのですが、飲めない方はなかなか『胃のつらい症状』が治まりませんでした。

この度、「アコファイド」という「FD」のためのお薬が新発売されます。

これまで「FD」のための薬剤は発売されておらず、その効果に期待されます。

1回1錠、1日3回となっています。

「アコファイド」だけでよくなるのか、それとも他の薬剤と併用するのか。。

いずれにしろ「つらい症状をとる」ための薬剤が発売されたということは非常にうれしいですね。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら