血圧

2018年12月11日 火曜日

冬季の高血圧

12月から2月にかけて、この寒い時期は血圧が上昇すると言われています。

特に朝が高いモーニングサージと言われる早朝の血圧上昇が問題だと言われています。

また、食塩摂取量が多くなるので、それに伴う血圧上昇が問題とされています。

高血圧が持続すると心臓病や脳梗塞など血管病など起こりやすくなり、看過することができません。

日本人の43,00万人が高血圧と言われ、そのうち治療している人は50~60%と言われています。

しっかりとコントロールされている方は治療されている方の30~40%程度と言われており、治療されている方の中でもコントロールがしっかりできているとは言えない状況です。

冬になってくると、血圧が夏より高くなっておりますので降圧剤の配合錠を処方することがあります。

ARBとCa拮抗薬を処方することが多いと思われます。

最近ではこの配合錠も後発品が多く発売されており、先発品の処方することが減ってきたように思います。

ARBの先発品も武田薬品のアジルバだけとなってしまいました。

ARB最盛期だったころを考えると考えられない状況です。

血圧に関しては、上記のとおりしっかりとコントロールをできている方が多いとは言えない状況であり、配合錠を含めた適切な降圧剤を使い、しっかりとコントロールしていきたいと思います

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年8月 1日 水曜日

同じことを同じテンションで。

暑いですね。

当然のことだと思います。

高気圧のせめぎ合いに日本列島は包囲されています。

患者様の体調を心配しながら外来していますが、

そのひとつに、高血圧の患者様に対する対応があります。

気温が熱い場合は血圧が下がりやすく、立ちくらみすることがあります。

外来をしていますと高血圧の患者様が多いので、

「夏は血圧が下がりやすく、薬が効きすぎてたちくらみしやすいのでちゅういしてくださいね」

といいます。

たぶん、皆さんも聞いたことがあるでしょう。

でも、自分の中で大切にしていることがあります。

自分では同じことを何回も言っていますが、患者さんが聞くのはたった1回です。

「同じ言葉を、何回でも同じ思いで伝える」

自分に言い聞かせながら外来しています。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年10月29日 日曜日

高血圧治療の講演

10月28日に高血圧治療の最前線というテーマの講演を聞きに行きました

講師は知る人ぞ知る自治医科大学循環器内科の苅尾教授。

高血圧ガイドライン作成の中心人物で、かなり有名な方です。

10月29日NHKスペシャル「"血圧サージ"が危ない~命を縮める「血圧の高波」~にも出演されるようです。

あと、加古川東高校の出身のようで、加古川には縁があるようです。

そのサージというのは急に上昇する血圧のことで、このサージの繰り返しが脳卒中や心筋梗塞や大動脈解離などの病気につながる可能性があるということです。

とくに、朝方生じるモーニングサージは要注意で上の血圧が145以上では要注意のようです。

まず朝の血圧を145に下げ、達成できれば135未満、一番いいのは125未満のようです。

ただ、125未満になった場合は血圧の下がりすぎや腎臓病に注意をする必要があるようです。

たった10や20の血圧低下と思われるかもしれませんがそれだけでもかなり脳卒中などのリスクは減るようです。

基本的な降圧剤はカルシウム拮抗剤、RAS阻害剤、サイアザイド系利尿剤です。

血圧の変動が強い場合はCa拮抗薬やRAS阻害薬。

夜間に血圧を下げたい、循環血液量を減らしたい、心不全のリスクがあるような方は利尿剤や現状ですとセララがいいようです。

基本は3種類ですが、4種類目としてはアルドステロン受容体拮抗薬のセララがいいようです。

2015年のランセットという雑誌で、スピノロラクトン、ドキサゾシン、メソプロロールで比べたとこと、スピノロラクトンの降圧が一番強かったようです。

ですので現状のアルドステロン受容体拮抗薬とするとセララがいいのではないでしょうか。

1時間の講演でしたが素晴らしい講演で、スライドのほとんどが教授御自身の論文を用いていたことに驚きました。

研究でここまでの結果、業績を残していることにも感銘を受けました。


投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2016年8月17日 水曜日

腎臓が悪い方は減塩が必要

通常の血圧には下記の項目が重要

①腎臓の輸入細動脈という糸球体に入っていく動脈の血管の抵抗

②推定GFR

③腎臓でのナトリウム再吸収

④塩分摂取量


腎臓が悪い方は②の推定GFRが低下しています。

さらに①の細動脈の抵抗も強く出ています。

①に関しては降圧剤を投与し、血圧を低下させようとします。

また、ナトリウム吸収に関しては利尿剤でナトリウムを尿に排出させることもあります。

つまり②が悪い方は血管抵抗が強く、ナトリウムも体内に多いため、薬に頼らざるを得ません。

さらに、ここに塩分が多く取ると当然血圧も上昇します。

減塩しているときと減塩していないときでは①に作用する薬の効果も違ってきます。

たとえ、血圧が正常でも塩分を多くとっている方は心臓血管病や、心臓病の悪化リスク因子となります。

腎臓病がある方は血圧が高い方はもちろんのこと、血圧が高くない方も減塩は必須です。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2015年3月13日 金曜日

減塩を考える。

昨日、加古川プラザホテルで「明日の腎臓を考える会」で発表してきました。

症例発表で私は「CKDステージ5でのARB-Ca拮抗剤の使用経験」について発表しました。

CKD5の患者さん2名とCKD5D(透析)患者さん2名を発表しました。

CKDステージ5の患者さんは圧利尿曲線を用いて発表しました。

腎機能障害が進行すると全身の血圧も上昇し、さらに塩分が貯留するため、血圧が上がりやすくなります。

塩分が体内にあると血圧の薬が効きにくく、減塩するだけで血圧の薬が効きやすくなり、減塩の効果も高まります。

腎機能が残っている方には利尿剤投与によりましになることがありますが、腎機能が悪化するとそれほどNa排泄は期待されず、時に大量投与が必要になることがあります。

透析をされている方は利尿剤では効果がないので、塩分制限が一番です。

塩分制限により血管内の水分が減少し、降圧剤の効きもよくなります。

今回の発表に際し、いろいろと勉強しましたが、高血圧の基本はやはり減塩であり、減塩により血圧が下がる以上に、もともと飲んでいる降圧剤の効果が増すことがわかりました。

特別講演をされた東京大学の下澤先生にもお話をさせていただき、色々と教えていただきました。

特に血圧に関しては、本当に造詣が深く、圧利尿曲線や利尿剤の使い方について、非常に勉強になりました。

一緒に発表させていただいた中田医院の中田先生は本当の忙しく、医師会などいろんな重責を背負われている方ですが、臨床も一生懸命されており、腎臓病を啓蒙するためにご発表されるお姿は本当にご立派だと感銘を受けました。

私も頑張ろうという気持ちにさせていただきました。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら