貧血

2019年11月12日 火曜日

新しい腎性貧血の内服薬:エベレンゾ

本日、新しい腎性貧血の経口薬の説明会がありました。

商品名はエレベンゾ。

これは世界初の、低酸素誘導因子プロリン水酸化酵素(HIF-PH)阻害薬で、腎性貧血としては初の内服薬です。

このHIF-PH阻害薬は内因性のエリスロポエチンを増加させる薬ですが、さらに鉄代謝に非常に需要な働きをしているヘプシジン低下させます。

つまり、ヘモグロビンが上昇するだけではなく、鉄の利用効率も上昇するので、さらにヘモグロビンが安定しやすくなります。

ダルベポエチンとの比較試験では、

①ヘモグロビンの維持に関しては非劣性

②鉄利用率が増加するため、鉄の利用状態にかかわらず、安定。

通常ですと、鉄利用率が悪いと、貧血の薬は多く必要になります。

ですが、エベレンゾの場合は、鉄利用率が悪いと言われる、TSATが低く、フェリチンが高いようなケースでも効果が十分に発揮されます。

③高感度CRPの低下(炎症の抑制)

上記の3つが試験結果として報告されました。

もちろん副作用はあり、特に血栓症の副作用は気になるところです。


この薬剤によりこれまで使用してきたESA(注射製剤)の使用量は減ることとなります。

ESA多く使用している場合と少ない場合と比べると、ESAを多く投与しているほうが、心血管イベントや死亡率が多くなるという報告もあります。

では、エベレントを使用して、ESAの投与がなくなれば、心血管イベントは減るのでしょうか?

臨床的にはそこが大切です。

エベレントによりヘモグロビンが安定し、鉄の利用率が上昇し、炎症が抑制された結果、患者さんにどれだけのメリットが示せるか?

画期的な薬剤と思いますが、そこが、今後問われると思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年10月12日 土曜日

ダルベポエチンアルファ

エポジン、エスポーなど腎性貧血に対する注射剤として、

エポエチンアルファというバイオシミラーが発売されました。

今回は、ネスプという週1回の腎性貧血の注射剤の後続品が発売になっています。

先日、バイオセイムであるダルベポエチンアルファが同じ協和発酵キリンから発売になっています。

俺はsameというだけあって全く一緒で、発売価格のみが変わります。

その発売に送れること数か月で、

バイオシミラーであるダルベポエチンアルファがキッセイ株式会社から発売されます。

シミラー=類似ということですが、後発品と違って、きちんと臨床試験が行われています。

ネスプとの比較試験、長期投与試験を行い、先発品であるネスプとの優劣を確認します。

臨床試験を経て、劣勢がないという結果であり販売となっています。

医療費高騰の中、注射剤も後発品だけではなく、バイオセイムやバイオシミラーも増えてくるのは間違いないですね。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2016年11月29日 火曜日

保存期CKDでのESA

最近では保存期CKDでは腎性貧血の場合ESAを使用することは多くなっています。

それはESA(貧血の注射)をしないと、腎機能の悪化が進行し、透析のなる期間が早くなるといわれ、さらに、心臓病も発症しやすくなりといわれているからです。

保存期CKDでは貧血が進行しやすいのでたくさんのESAが必要となりますが、たくさん(適切)なESA量を使用し、適切なHbにコントロールした方が、腎予後も生命予後もいいといわれています。

今回長時間作用型ESAと短時間型ESAの違いによる冠動脈イベント回避生存率についての報告がありました。



長時間ESA使用した場合の方が有意に生存率が高かったです。

これはHbだけではなく、ESA自体が冠動脈にいい影響を与えた可能性があります。

ESAは単にHbの値だけではなくて、冠動脈に良好な効果を与えるのかもしれません。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2016年10月17日 月曜日

鉄欠乏と心臓病

透析をしていると鉄欠乏になって、時に鉄剤を注射したり飲んだりします。

最近では鉄が少なくなって、リンが高いときにはリオナ、ピートルという鉄含有リン吸着剤を使用します。

しかし、鉄は多すぎると体に悪い?ということであまりたくさん鉄剤を投与しないことになっています。

一方で最近は鉄欠乏状態は体に良くないという報告があります。

欠欠乏状態は血小板が凝集しやすく、血小板数が多くなるので、血栓ができやすく、心筋梗塞や脳梗塞になりやすいというデータもあります。

また鉄欠乏だとFGF-23という尿毒素が上昇し、心不全や心肥大になる可能性があります。
(リオナを飲むと、FGF-23が低下するというデータがあります)

ということで鉄欠乏状態は多すぎてもいけないが、少ない状態では心臓には良くないというのです。

ではどのように投与するのでしょうか?

連続投与と間欠投与にかんしては、少量ずつ、ちょこちょこ投与した方が感染症や死亡の危険性が低いようです。(鉄の投与が直接結びつくということではありません)

鉄欠乏では心房や血管によろしくないということですが、「鉄に血管石灰化抑制作用がある」ということで、"鉄"の今後の展開に注目ですね。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2016年10月 6日 木曜日

保存期CKDの貧血管理ではミルセラ優位...

あくまでエポジンとミルセラの効果という点で考えると、

エポジンでは保存期から透析導入期にかけて投与してもHb10以下になることがよくありましたが、

ミルセラが登場してからHb10以下になることは少なくなり、貧血の管理がすごくしやすくなりましたね。

ミルセラは月1回投与ですが、月2回投与方法の方が効果は高い実感があります。

下記の図でもあるように、クレアチニンが上昇し、腎機能が悪くなってもHbは維持されていますよね。



さらに下の緑の棒グラフのとおり、あまりミルセラの量が増えていないことも注目されます。

貧血といえば鉄欠乏性貧血ということでフェリチン50以上にはしておこうということですが、

保存期の場合、経験的にはあまり鉄剤が必要となるケースは少ないように思えます。

生理出血のある女性は別ですが、鉄を失う状況は少なく、限りある体内の鉄分で循環しているようにも思えます。

ただ、もちろんESAを使用しだすと鉄の利用効率は上昇するので、きちんを血液検査することは必要ですね。


保存期のHbを管理することによって、その後の心血管イベントの発生も抑制するといわれています。

保存期のHb管理は透析になってからも影響してくるので、ミルセラを含め適正なコントロールが必要になってきます。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら