骨粗鬆症

2014年5月28日 水曜日

レグパラと骨折率。。。

レグパラ(一般名:シナカルセット)は約6年前に発売され、今では副甲状腺治療に欠かせない薬となっています。

透析患者さんでは副甲状腺の機能が亢進し、PTHが上昇して、骨がもろくなります。

シナカルセットはPTHが上昇して、さらにカルシウムが正常か、高めの患者様に対して使用します。

PTHの低下作用は強く、この薬が発売されてからPTXという副甲状腺摘出術の頻度は減りました。

なかなか優れものの薬です。

それではこの薬は肝心の骨折率を減らすことができるのか?

EVOLVE試験というシナカルセットを使用した臨床試験があります。

この試験の結果でもPTHはよく低下していました。

骨折率に関しては。。。

残念ながら統計学的には有意差は出ませんでした。

有意差は出ないものの、骨折のリスクは11%低下したようです。

レグパラは非常に有用な薬ですので、ビタミンD製剤をうまく組み合わせることでさらに管理しやすくなります。

ただ、低カルシウム血症と悪心、嘔吐には要注意です。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2014年5月26日 月曜日

日本の透析患者さんは骨折率が海外より低い。

日本の透析患者さんは海外に比べて、股関節の骨折の頻度が低いと報告されています。

特に一般住民の方に比べると骨折件数は同等であり、海外と比べるとその差は歴然としてます。



しかし、いったん骨折で入院すると海外に比べて入院期間が長いと報告されています。

骨折すると生存率が低下するともいわれ、その後の予後も悪化します。

感染症、認知症、寝たきりなどいろんな合併症があります。

骨折予防は本当に重要です。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2013年7月19日 金曜日

☆6か月に1回の骨粗鬆症薬「プラリア」

最近、糖尿病薬(DPP-4阻害薬、DLP-1)がどんどん新商品が発売されていますが、骨粗鬆症薬も色んな薬が発売されています。

先日、「ボナロン点滴」のお話をしました。

月1回の点滴製剤が発売されたと思ったら、次は同じビスフォスホネート製剤である「ボンヒバ」という静脈製剤が発売されます。

これも月1回ですが、点滴ではないのですぐに終わります。

骨粗鬆症の治療は継続が必要です。

糖尿病などの生活習慣病の方は採血をする機会も多いでしょう。

骨粗鬆症があれば採血時に「ボンヒバ」を同時に注射できます。

しっかりと、確実な治療が継続できるというわけです。

ただ、腎臓病の患者さんには要注意でしょうね。

また6か月に1回の皮下注射製剤という骨粗鬆症薬も発売されました。

名前は「プラリア」。

これはビスホスフォネート製剤とは違った作用ですが、骨粗鬆症による骨折予防に効果が大きく期待されている薬です。

半年に1回ということで普段の内服薬の必要もなく、点滴でもないので比較的簡単に投与できます。

さらに、効果が強いということですので非常にいい薬だと思います。

半年に1回ということで、その時のお支払いは多いですが、1日単位では、他の骨粗鬆症の薬や点滴よりも安くなります。

骨を守る、骨折を予防するは人生を守ることにもつながります。

当院でもそのお手伝いをしたいと考えています。


投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2013年7月16日 火曜日

☆骨粗鬆症、骨折の予防~月1回の点滴《ボナロン》

日本の骨粗鬆症の患者さんは1280万人と推定され、このうち骨粗鬆症の治療を受けているのは約300万人と考えられています。

しかし残念ながら大腿骨骨折をされた患者さんで、骨折前に骨粗鬆症の治療を受けておられたのはたった4%と報告されています。

まだまだ骨粗鬆症の治療率は低いと言えそうです。

大腿骨骨折はまず入院が必要であり、手術が必要になります。

長期的な入院となり、場合によっては寝たきり状態になりえる注意しなければならない疾患です。

慢性腎臓病の方でも腎臓病ではない方と比較し、大腿骨や腰椎の骨折をしやすいと報告されています。

骨折の予防に対する薬剤治療としてはボナロンやベネットなどのビスフォスホネート治療薬が第一選択に挙げられます。

ビスフォスホネート剤も当初は毎日起床後に内服していましたが、その後週1回製剤、最近では月1回製剤が発売されています。

またボナロンに関しては月1回の点滴製剤が発売になっています。

点滴では胸やけなどの副作用が生じにくく、内服ができない方にも使用できます。

点滴も一長一短ですが、内服できないような方には有効と思います。

腎臓病や透析の方は骨が弱い方が多く、透析医は「骨の管理」も求められます。

ビスフォスホネートは腎臓病や透析患者さんでは「禁忌」ではなく「慎重投与」となっています。

透析学会でもボナロンについて発表され、その有効性と安全性についても報告されています。

「骨を守る」という観点からはビタミンD同様、ビスフォスホネートも有効だと思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら