きたうらクリニック通信

2019年3月18日 月曜日

SPPを用いたバスキュラーアクセスの管理(臨床透析)

透析雑誌である、臨床透析に論文が掲載されました。

シャント管理として、これまで足の血流の評価として使用されていた「SPP」を用いた報告です。

SPPの経過を追うことによって、シャントの血流の状態をここに把握できる有用な検査方法で、かつ簡易的に行うことができるという報告が認められました。



投稿者 きたうらクリニック | 記事URL

2017年9月 2日 土曜日

日本透析医学会誌掲載

日本透析医学会雑誌に当院技士の論文が掲載されました。

透析領域の中では日本で一番格式の高い論文誌なので本当にうれしく思います。

日頃の努力と探求心と強い心をもって仕事に励んでくれた結果が表れたと思います。

高齢者が増え、低栄養状態の患者様も増えてくると思います。

数年前までは聞いたことがなかったフレイルやサルコペニアという言葉を、最近ではよく聞かれるようになりました。

学会等でも取り上げられ、発表する施設も増えてきたようにも思えます。

このような患者様に対する透析方法の一つの選択肢として有効な透析方法にもなると考えています。




投稿者 きたうらクリニック | 記事URL

2016年11月14日 月曜日

第20回日本アクセス研究会の参加

昨年に引き続き、当院看護師長が、日本アクセス研究会に参加いたしました。

今年は、ポスター発表を行いました。

色々と経験を積んで、課題を持ちつつ、さらに仕事に励み、能力を上げていってほしいと思います。





投稿者 きたうらクリニック | 記事URL

2016年9月 3日 土曜日

エコー下ガイド穿刺の発表(西播透析医会)

先程、姫路市のキャッスルホテルで西播透析医会が開催されました。

その会で一般演題で当院の看護師長が発表を行いました。

エコー下ガイド穿刺は今、透析業界で注目されている分野です。

看護師長は普段から一生懸命取り組んています。

今回、発表する機会がありましたが、大変、立派に、堂々と発表しました。

正直、予想以上の発表で、感心より感動してしまいました。

これを機に、シャント穿刺の見解をクリニックとしてまとめ、技術の向上にさらに知見を加え、意識とレベルの高いクリニックにしていきたいと考えています。

また、今回、透析スタッフ全員が研究会に参加しました。

このチームワークと意識の高さと熱意も大切にしていきたいです。

pic20160903193219_1.jpg

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL

2016年6月26日 日曜日

日本腎不全栄養研究会ベストポスター賞受賞

当院の臨床工学技士が日本腎不全栄養研究会のベストポスター賞を受賞しました。

全国レベルの研究会で受賞することは簡単なことではなく、本当に名誉なことです。

彼は仕事も熱心で、患者さんのことも独自のエキスパートな視点からよく観察しています。

彼の日頃の努力と信念が実を結んだことは本当に嬉しく思います。

これからも患者さんに適切な治療を提供するためにも、目的意識を持ちつつ、スタッフとともに頑張っていきたいと思います。

pic20160626143636_1.jpg

pic20160626143636_2.jpg

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL

カレンダー

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら