院長の診療日記

2017年9月22日 金曜日

地域包括センター南かこがわ研修会

9月21日に地域包括支援南かこがわ研修会の講演を行ってきました。

尾上公民館に行きました。

浜国道の池田の交差点を南に行ったことはなかったので、小さな道だと思っていたのですが、スーパー、ホームセンタはあるは、温泉まであって、すごく大きな商業地域になっていで驚きました。

歩いて移動するもの大変かなあと思うくらいの大きさでしたよ。

そのエリアを突き抜け、公民館に足を運びました。

「腎臓病と透析での注意点」について話をしてきました。

慢性腎臓病とその治療内容など一般的なことから症例を提示しました。

透析に関しては血液透析、腹膜透析、腎移植の話から、最近話題の運動療法も話をしました。

今回は、介護職員の皆様を対象としているので、実際に介護関係で困った症例や透析でのデータの見方、カリウムやリンについての話もしました。

また、シャントの注意点についても話をしました。

60分間話して、その後質疑応答に入りました。

色々な質問を頂きました。

実際経験のあった利用者様を通しての疑問点

透析患者さんを受け入れるためにはどうしたらいいのか?

水分管理についてなど。

約30分間でたくさんの質問を頂きました。

通常ですと質疑応答はそこまで時間をとらないものですが、驚いたのは皆さん別々の事業所なのに連携が取れているのか、非常に和気あいあいとして一体感のある雰囲気を感じました。

「透析」となると慣れていない方は医療従事者でも介護職員でも敬遠される方は残念ながらいらっしゃいます。

それを少しでも考えを変えていただけるように努めていきたいと思っています。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年9月13日 水曜日

インフルエンザ発生

透析患者さんではありませんが、インフルエンザA型が早くも発生しました。

一部報道にもありましたが、まさか陽性になるとは思っていませんでした。

昨年のインフルエンザは9割弱が香港A型、B型は9%で新型A型はあまりいなかったようですね。

A型が40歳以上に多く、B型が40歳未満に多かったようです。

また、A型はあまり熱が出なかった印象があったようですが、実際、報告でも発熱が乏しいA型インフルエンザが多かったようです。

ワクチンの有効率に関してはやはり9歳以下に多く認められ、20-30歳代にも効果があったようですが、そのほかに関しては有効率が高いとは言えない状況のようですね。

昨年、香港型が流行したので新型が流行するのか?

できれば流行してほしくありませんが?

治療薬としてはイナビルの処方率が増えているようですね。

イナビルは、A型もB型にも効果がありますね。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年9月 6日 水曜日

腎代償性肥大について

腎臓病の外来をしてみますと時に

「もともと腎臓が片方しかないんです」

という方がいらっしゃいます。

確かにエコーをすると腎臓が左右どちらかの一方しかなくて、反対側は見えません。

また、残っている方の腎臓のサイズは通常10㎝くらいに対して12-13㎝くらいあります。

腎臓は片方しかない場合、代償性に大きくなることがあります。

腎臓の中はどうなっているかというと、

血液を濾す「糸球体」も拡大しますし、尿の通路である「尿細管の直径」も大きくなります。

また、腎動脈、葉間動脈、弓状動脈、小葉間動脈などの腎内動脈もサイズが大きくなり、さらに長さも長くなります。

循環血液量も多くなり、ろ過率も上昇します。

そのため、腎臓は片一方になってもサイズが大きくなり、ろ過率が上昇し、排泄してくれるので機能として維持できます。

ただ、高血圧には要注意です。

高血圧は腎臓内の動脈硬化をきたすので、片腎の場合では特に、ろ過率が低下しやすくなります。

もちろん糖尿病も機序は違いますが、よくはありません。

ですから、片腎の場合は生活習慣病にならないように普段から塩分など含めて生活習慣には注意を払う必要があります。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年9月 2日 土曜日

日本透析医学会誌掲載

日本透析医学会雑誌に当院技士の論文が掲載されました。

透析領域の中では日本で一番格式の高い論文誌なので本当にうれしく思います。

日頃の努力と探求心と強い心をもって仕事に励んでくれた結果が表れたと思います。

高齢者が増え、低栄養状態の患者様も増えてくると思います。

数年前までは聞いたことがなかったフレイルやサルコペニアという言葉を、最近ではよく聞かれるようになりました。

学会等でも取り上げられ、発表する施設も増えてきたようにも思えます。

このような患者様に対する透析方法の一つの選択肢として有効な透析方法にもなると考えています。




投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年8月24日 木曜日

処暑ですね

二十四節気でいうと処暑ですね。

でも昼間はすごく暑いようで、その中来て下さる患者さんには本当にありがたいと思います。

私は朝晩の涼しい時間帯に出勤、帰宅するので、実際は暑さを感じることがなく、患者さんが「暑いねえ」と言いながら入ってくるので想像するばかりです。

日曜日にはその痛感しますが、確かに家にいたり、外出したり、動いていると本当に暑くなりますね。

処暑でだんだん涼しくなる季節のはずですが、実際はまだ猛暑でありご注意くださいね。


あと、外来で「アクエリアスは飲んでも大丈夫?」と糖尿病の方に言われました。

基本的にはアクエリアス500mlは角砂糖(1個15キロカロリー)が6個相当入っていますので、かなり覚悟をもって飲んでいただく必要があります。

ポカリは角砂糖8個分ですので、さらに糖分が多くなるので、糖尿病の方は糖質が入っている清涼飲料水には十分に注意してほしいと思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら