院長の診療日記

2019年10月19日 土曜日

山梨県の尿アルブミンの検査数はかなり多い

第4回NDBを見てみると、山梨県の尿アルブミンを測定している件数がむちゃくちゃ高いのを発見しました。

これはかなり、糖尿病性腎症の予防を熱心に行っていることの裏返しだと思います。

山梨県は県全体でCKD対策を平成27年から行っておられます。

医師会や中核病院はもちろんのこと、行政、看護師、薬剤師、栄養士、企業などと連携を組んで、

透析導入10%減少をを目標に、

県全体で取り組んでおられます。

このなかで、素晴らしいと思ったのは、連携はもちろんのこと、

腎専門医の診察の後、腎専門医から今後、血圧が●●以上になればまた紹介くださいね。という

「再紹介チェックシート」があるという点です。

これは非常に助かります。

専門医に紹介して、帰ってこられるけど、次どうしたらいいの?という不安はあります。

その不安も解消できるようなシステムを構築しているのは素晴らしいと思います。

また、影響し協会とも連携しているので、栄養指導してくれるもの非常に助かります。

CKDだけではなく、最近、糖尿病性腎症重症化予防対策もクローズアップされているので、

さらにDKDに幅を広げて、県全体ですでに動いておられます。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年10月17日 木曜日

特定健診での腎機能結果と心血管病やメタボリックシンドロームとの関係

北九州市の医師会を中心とした先生方が、特定健診の結果を用いて、

腎機能や尿蛋白からの心血管疾患リスク要因やメタボリックシンドロームの断面的検討をされています。

特定健診は日本で約5000万人の方が対象とされる類を見ない健診で、継続的に施行されることにより、ビックデータ化し、合併症などの出現、進行抑制にも用いられています。

この報告では、腎機能障害(GFR60未満)では、高血圧、高血糖、中性脂肪高値、HDLが低いなど、メタボリックシンドロームとの関連は強いと報告されています。

尿蛋白に関しては空腹時血糖やHbA1c高値で有病率が上昇したということです。

生命予後に寄与する心血管病に関しても、腎機能障害があるほうが、リスクが高いと報告されています。

つまり、腎機能障害があるとメタボリックシンドロームを併発しており、将来的に心血管病になりやすい可能性があると思われます。

また、尿蛋白が陽性だと、さらに心血管病発症する可能性が高くなります。

さらに、尿蛋白が陽性だと腎障害の進行リスクも増えます。


まず、気を付けることは、

①尿蛋白1+でも放置しない

②メタボと言われている人は、指摘されている疾患をきちんと管理する(高血圧や糖尿病など)

③腎機能障害はある方は将来的に心血管病のリスクが増えるので、尚更、生活習慣に気を付け、目標値を目指した管理を日々行う


投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年10月16日 水曜日

2040年までの国民皆保険

2019年日本の医療に関する世論調査の中で、

国民皆保険は2040年まで維持されるかどうか?というアンケートがありました。

20-40歳代の40%前後が2040年まで続ないと回答しています。

2040年というとあと20年。

自分たちが、高齢者になることには、日本が誇る国民皆保険が崩壊するのではないかという不安の結果だと思います。

年金制度だけではなく、保険制度も崩壊となると、自分たちが高齢となった場合、安心して暮らすことはできません。

続いて当たり前と思っていた国民皆保険を、これだけ多くの方が不安視されていたのは驚いたとともに、今後も問題意識をもっていかなければいけない課題だと痛感しました。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年10月15日 火曜日

同室者のインフルエンザ罹患時の対応

インフルエンザにより小学校に学級閉鎖が発生しています。

インフルエンザワクチン接種が始まりますが、すでに学級閉鎖とは心配な話です。

問題は集団感染です。

たとえば、高齢者施設ではどうするか?

予防投与すべきかどうか?

日本感染症学会の提言によると、

インフルエンザみたいな症状が二人以上発生し、そのうち一人でもインフルエンザ反応陽性であれば、予防的投与を前向きに投与するというように記されています。

予防的投与中にインフルエンザにり患した場合は、治療容量を使用します。

老人ホームの2階で、一人であれば様子を見ますが、二人以上かつ一人でも陽性であれば、

二階の利用者さんは全員予防感染するということです。

老人施設は接触が多いため、非常に感染しやすい状況となっており、感染が拡大する前に予防しなければなりません。

透析室では濃厚は接触がないため、全員に予防的投与は必要ないかもしれませんが、希望者や罹患患者さんの周囲は必要になるかもしれません。

暴露した職員はどうなるのか?

免疫不全でないかぎり、必須ではありません。

しかし、濃厚接触した場合、透析で言うと、穿刺、回収、受け持ちでしょうか、予防的投与は必要になるかもしれません。

施設により予防的投与の基準は異なると思いますが、一定のガイドラインは定めておいたほうがいいと考えます。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年10月14日 月曜日

脳卒中の勉強会

11日に糖尿病連携カンファレンスがあり、

講演で脳卒中の話がありました。

脳卒中とは脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血などの総称です。

脳卒中は増加傾向にあり、今後も増加してくると予想されています。

しかし、逆に死亡率がへっているということです。

これは、脳梗塞後遺症により何らかのハンディカップを背負う方々、介護度が増える方々が増えてきているということになります。

ではどうすればいいのか?

糖尿病、高血圧、コレステロール、禁煙など全部をきちんとすることが一番の予防になります。

この中で特に重要なのが血糖コントロールです。

血糖管理に関しては、臨床試験で血糖管理を強化したほうが、通常の管理群よりも、はるかに脳卒中の発症率が低下します。

LDLコレステロールを低下させることもすごく大切です。

降圧剤、スタチンで血圧と脂質管理をすることがとても大切になってくるということです。

血糖管理に関しても、糖尿病があると脳梗塞の発症リスクはありますが、

血糖を下げれば下げるほど脳梗塞を予防できるというわけではないようです。

となると、糖尿病の方は安心するかもしれませんが、病気は脳卒中だけではありません。

私の専門領域ではHbA1c増加は糖尿病性腎臓病の発症リスクにもなりますし、進行のリスクにもなります。

糖尿病性腎症は透析導入第一位の疾患です。

血糖管理は本当に重要だと痛感しています。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別アーカイブ

アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら