院長の診療日記

2019年12月12日 木曜日

CAPD在宅連携研修会

透析には血液透析と腹膜透析(PD)があります。

一般的には血液透析が圧倒的に多く、腹膜透析をされている方はかなり少ないです。

ただ、最近、病院中心の医療から在宅医療への転換を図る流れとなっており、在宅透析である腹膜透析が注目されています。

今回、加古川中央市民でテーマにある、腹膜透析患者さんを在宅でどのように見ていくのか?という話し合いをしてきました。

メンバーはいろんな方です。

医師は中央市民の先生と私だけで、ほかには訪問看護師、ケアマネ、訪問介護士などたくさんの方が参加されていました。

形式としてはグループワーク。

名前は知っているけど、腹膜透析をまったく知らない方も参加していました。

当然のことだと思います。

血液透析を行っているスタッフでも、腹膜透析の経験がない方はたくさんいると思います。

そのような方も、いろんな方を在宅で見ていこうという高い志を持って、研修会に参加されているのは頭が下がる思いです。

事例検討を行い、今後の展望や問題点を考える。

まずは、腹膜透析というものを知っていくこと。

腹膜透析は決して難しいものではないこと。

支援をどうしていくか、本人と家族をどうサポートしていくか、トラブルがあったときは?

最期まで腹膜をし続けることができるのか?腹膜透析ができる医療機関が少ないので、途中で血液透析に変えないといけないのか?

ラストPDという言葉があるが、具体的にどう進めていくか?

などいろんな議論がありました。

今後、在宅医療は避けて通れない領域になってきます。

診療の幅も広げていかなければなりません。

腹膜透析の在宅診療の将来を考えつつも、在宅を支え、携わっている方々を知っていく必要があると思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年12月 9日 月曜日

中性脂肪の薬 パルモディア

中性脂肪を下げてくれる薬パルモディア。

中性脂肪は150未満が基準値ですが、この薬は82.9%の方が150未満に低下すると報告されています。

臨床試験では

投与前250.9

投与後131.5

懸念されているスタチン(コレステロールを下げる薬)との併用は?

肝機能、腎機能、CPKともに

8-12週後の血液検査に有意な変化はなく、併用の安全性も確認されています。

この試験の中には慢性腎臓病の方も含まれているので、安心して使用できると考えています。

ただ、クレアチニン2.5以上の方は禁忌となるので注意しましょう

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年12月 8日 日曜日

爪白癬の薬 ネイリン

爪白癬は爪の水虫のことです。

水虫というと最も多いのが、足の指の間の水虫である趾間水虫。

次に多いのが、爪水虫と趾間水虫の合併。

一番少ないのが爪だけの水虫。

爪水虫があると、足の水虫も持っている人が多いですね。

その爪水虫の治療薬として発売されたのがネイリン。

12週間だけの内服薬です。

早い方ですと3か月後に効果があります。

ネイリンが爪の中に有効的に残っているのは約7か月だそうです。

ただ、爪というには伸びてこないと評価ができないので、おおよそは1年後に評価します。

有効率が高く、

爪甲混濁面積は85.6%の方が縮小し、完全に治った方も約60%います。

副作用には肝障害と腹部膨満感があり注意が必要です。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年12月 6日 金曜日

インフルエンザ検査薬

インフルエンザが流行期に入りました。

今週、当院でもインフルエンザA陽性の患者さんが発生しています。

インフルエンザの診断には迅速検査キットが必要となります。

色んなキットがあり、当院でも色々検討しながら使っていますが、

今年初めて、「ブライドポックFlu-Neo」を使用してみました。

なかなかいい感じです。

要はいかに素早く発見し、治療するかが大切です。

発症3時間以内に罹患している方は陽性に出るという優れものです。

半日立たたないとわかりません。

明日になったら陽性に出るかもしれません。

といっていましたが、この検査薬は実際、早く陽性に出る印象を持っています。

一例ですが、

ある患者さんがお子様のインフルエンザが移って、自分も今朝から調子が悪いということで来院されました。

熱は36.9度+節々が痛い

当院には発症4時間で来院されました。

4時間というのはなかなか微妙な時間で、陽性でも陰性と出てしまう可能性があります。

しかし、このキットは、検体を流したとたん陽性反応が出ました。

発症初期で、発熱がない状態で陽性が出るのは本当に驚きでした。

なかなかいいキットだと思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年12月 3日 火曜日

最近は咽頭痛が多い

空気が乾燥したり、風邪をひいたりするとのどが痛くなります。

咽頭痛と鼻水を訴える患者さんが多くなっています。

咽頭痛に対しては

138番の桔梗湯

アズノールやトローチ

うがいや薬

必要であれば解熱鎮痛薬。

それ以外では、トランサミンを使用することがあります。

トランサミンというと美容というイメージや止血というイメージがあると思いますが、抗炎症作用もあるのです。

炎症が起こると、プラスミンという物質が産生され増加します。

その結果、血管拡張し、痛みを誘発する物質が集まってきて、痛みをおこします。

そのプラスミンをやっつけてくれるのが、トランネキサム酸であるトランサミンです。

咽頭炎所見があれば、

上記の薬剤のトランサミンを処方します。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別アーカイブ

アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら