院長の診療日記

2018年12月14日 金曜日

高齢者の介護研修

12月13日木曜日、透析業務終了後に杉原看護師長よりメディカルアシスタントに向けての「高齢者の介護」についてレクチャーがありました。

透析患者さんではいろいろな合併症や後遺症などで手足が不自由な方々がいらっしゃいます。

それらの方々に対して理論的な介助方法を学ぶことによって転倒などの事故をなくすことを目的に研修を行いました。

研修の内容は非常に多岐にわたり、実技を伴った非常に有意義な研修となりました。

手引きでの介助、介助の際の寄り添い方、杖歩行の方の介助方法、階段の上り下りの時の介助方法、車椅子からベッド、ベッドから車いすへの移乗介助の方法など非常にわかりやすく教えてもらいました。

特に杖歩行の介助方法に関しては、不全マヒの方を例に教えてもらったのですが、我々が思っている以上に杖一本に患者さんの加重がかかり、杖一本で体を支えているもだと実感しました。

バランスのための杖ではなく、本当に支えているものなのであり、もし少しでも滑ったりするとたちまちこけてしまいそうな不安定なものだと感じました。

研修が終了した後、メディカルスタッフも非常に役に立ち、今後にいかせて行けそうだという喜びの声を聞きました。

また、事務員もレクチャーを受けたいという積極的な声も聞きました。

このようにスタッフの向上心とやる気が広がるのはこの上なくうれしい気持ちになります。

スタッフがスタッフを教育し、全体の底上げをすることにより、スタッフの意識が高まり、より良い治療や介護ができていると思います。

部下ながら杉原看護師長は本当に教えるのが上手ですね。

スタッフも「こんな面白く、わかりやすい講義をただでできるなんて」と喜ぶほどの大盛況でした。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年12月12日 水曜日

自分なりの問題点抽出と改善方法

毎日仕事をしていると、いろいろあります。

仕事がスムーズにいくこともあれば、忙しいけど充実していない日、今日忙しかったけど何をしていたんかなぁという日、追われて終わり切れない日、あと色々とトラブルやミスが多いなど色々とあると思います。

これは誰も一緒だと思います。

私はトラブルや悩みがあったときやもやもやしているときに、仕事始めや仕事終わりに使用済みのA4用紙の裏側に、今の問題点や今の悩んでることを羅列し、バーッと自分の心情を吐露するようにしています。

すごく汚くて人さまがわからないくらいの乱筆だと思いますが。

でも、不思議なことに、書いているうちによく思うことがあります。

頭でもやもやと考えている以上のことを書くことがあり、自分が思っている以上に問題点を多く見つけ出し、整理できることがあります。

それとともに、書いているうちに気持ちがもやもやが薄れ、時に消えることもあります。

問題点が見えてくることにより、解決方法や自分自身の気持ちを整理できることも経験します。

あくまで、私のストレス解消法でもあり、問題解決する方法の1つですが。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年12月11日 火曜日

冬季の高血圧

12月から2月にかけて、この寒い時期は血圧が上昇すると言われています。

特に朝が高いモーニングサージと言われる早朝の血圧上昇が問題だと言われています。

また、食塩摂取量が多くなるので、それに伴う血圧上昇が問題とされています。

高血圧が持続すると心臓病や脳梗塞など血管病など起こりやすくなり、看過することができません。

日本人の43,00万人が高血圧と言われ、そのうち治療している人は50~60%と言われています。

しっかりとコントロールされている方は治療されている方の30~40%程度と言われており、治療されている方の中でもコントロールがしっかりできているとは言えない状況です。

冬になってくると、血圧が夏より高くなっておりますので降圧剤の配合錠を処方することがあります。

ARBとCa拮抗薬を処方することが多いと思われます。

最近ではこの配合錠も後発品が多く発売されており、先発品の処方することが減ってきたように思います。

ARBの先発品も武田薬品のアジルバだけとなってしまいました。

ARB最盛期だったころを考えると考えられない状況です。

血圧に関しては、上記のとおりしっかりとコントロールをできている方が多いとは言えない状況であり、配合錠を含めた適切な降圧剤を使い、しっかりとコントロールしていきたいと思います

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年12月 7日 金曜日

インシデントレポートを通して感じること

医療機関に限りませんが、人が働いている以上、何らかのエラーやミスがあります。

その時に、再発予防を講じるために、医療機関ではインシデントレポートを記載します。

インシデントレポートというとすごく否定的で、反省文的な要素に感じる方もいるかもしれません。

「これはインシデントではない。」と拒否する人もひょっとしたらいるかもしれません。

プライドを傷つけられる人もいるかもしません。

でも、それって正しいでしょうか?

人間は感情があるのでミスをした時には、「迷惑をかけた、悔しい、情けない、腹が立つ、恥ずかしい」などいろんな思いが噴出するかもしれません。

人間性が出てしまうときもあります。

しかし、個人的な感情を理由にインシデントレポートを拒否するというのはとんでもないことなのです。

インシデントレポートはあくまで重大な事故を未然に防ぐためのものなので、当院では些細なミス、エラーでも書くことが当然となっています。

ですので、そこには恥ずかしさはありません。 レポートには他人でもわかるように状況をきちんと記載し、自分で考え得る要因を書いていきます。

対策を立てる必要もあるでしょう。

個人的な対策、組織としての対策など。

私も個人としてミスすることはあり、レポートを記載しますが、自分なりにルーティンを増やすとか、工夫するとか試行錯誤しています。

組織としては医療安全委員会が対策を講じ、みんなで実行していく。

エラーがあれば、また対策を講じ、実行する。

インシデントレポートで大切なことは

・反省を強要しないこと(自省は必要)

・ものを見て、人を見ない(つまり、人を見て判断せずに事象で判断する)

この人はミスを繰り返しているからもっと書かなあかん。

この文章上では反省が感じられない。

また、院長だから書かなくていいというものではありません。

インシデントレポートは感情的なものではなく、冷静に状況を振り返り、要因を考え、対策を講じる。

これが大切なのです。

指摘するのであれば、「レポートを他人が見て理解できない場合」です。

あとは、アドバイスでしょうか。

色んなインシデントがありますが、インシデントに対して話し合いを講じ、それを実行した時は、また新たなチームワークができると実感しています。

インシデントというネガティブな要素を成長に変える瞬間、信頼関係の向上を垣間見ることがあります。

組織は互いに考えることでチームワークが生まれます。

そこに個人的な攻撃や愚痴は全く不要で、負の要素となるでしょう。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2018年12月 6日 木曜日

DPP-4阻害薬(糖尿病の薬)について

現在DPP-4阻害薬で上市されているのは8種類です。

腎臓病や透析患者さんで使いやすい薬としては、デイリーのテネリアとトラゼンタ、ウィークリーとしてはマリゼブがあります。

食事摂取で血糖値が上昇すると、小腸からグルコース依存性インスリン分泌刺激ペプチドであるGIPや、グルカゴン様ペプチドであるGLP-1が分泌され、インスリンが分泌します。

インスリンが分泌されることにより血糖値が下がります。

DPP-4はこのGLPとGLP-1の働きを弱めます。

ですので、DPP-4阻害剤というのはGLPやGLP-1の働きを維持してくれるので、インスリンの分泌を増やしてくれます。

副作用としては低血糖があり、注意する点としては腸閉塞やお腹の手術をしたことがある方はお腹の張りや痛みを訴えることがあるので注意が必要です。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別アーカイブ

アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら