院長の診療日記

2011年6月30日 木曜日

どうやって下肢閉塞性動脈硬化症を見つけようか?

当院では年に1度、下肢動脈閉塞性動脈硬化症の発見や足壊疽の予防を目的として看護師による足の観察(フットケア)以外にABIを実施しております。

ABIは非常に簡便な検査であり、動脈硬化や足壊疽の発見には非常に有用だとされております。
上肢の血圧と下肢の血圧の比を出して、数値化しているもので、下肢の血圧が同じあるいはすこし高くなければいけません。

基本的には0.9以下が異常値とされております。
透析患者ではこれまでの報告から16-38%の方々が異常値を示されているようです。

気をつけなければらないのがこのABIという検査。非常に簡便で結果もすぐに出る非常に便利な検査ですが、感度があまり良くないのです。

異常値であればそれを信じていいのですが、一番むずかしいのが正常と判断される方の中にも実際は病気が隠れていることがあるのです。

感度がいい検査としてはTBI、SPP、造影CT,エコー、血管造影など検査がありますが検査の時間や侵襲性や施設間での設備の問題がありすべてがそろっていることは珍しいと思います。

当院ではABIとエコーと比較し、ABIが1.0以下の時に動脈効果が潜んでいる可能性が高いと判断し、ABIの結果が思わしくない場合はエコーや下肢造影CTを行い、早期発見、早期治療を心掛けています。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年6月28日 火曜日

透析中のマッサージ

6月上旬に外来透析患者さんにアンケートを取ってみました。
59名の方から回答を頂きました。
アンケートの目的は日常業務や対応の見直しが中心ですが、透析中に治療以外にできないことはないかと思い、アンケートの項目に入れました。

Q,透析中に治療以外にしてみたいことは?
1.チェア型透析ベッドの設置:33.3%
2.マッサージ:26.2%
3.物理療法の導入:16.7%
4.DVD再生機の設置:12%
5.その他:11.8%

この結果からすぐにできそうなのはマッサージかなあと思いました。
患者さんはおそらくマッサージというと人の手でマッサージするものと思われたと思うのですが、なかなか新たに雇用するのは困難ですので透析学会で販売されていたメルシー社のマッサージ器を購入し、透析患者さんに使ってもらいました。

まだ3人の方にしか使っていませんが反応は良好でした。
今後、何分間するのか?、透析時間のいつがいいのか?、どの機能がいいのか?、血圧が下がりやすい人はどうすべきか?、などなど考えていこうと思います。

透析中の患者さんのリラクゼーションの一助になればいいと思っています。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年6月27日 月曜日

シャントエコー

当院ではシャント管理を重要視しています。

シャントは透析患者さんの命綱であり、シャント閉塞してしまうだけではなく、たとえ見かけ上透析ができていてもよく内シャントであれば十分な血液が取れずに、透析の効率自体が悪くなってしまいます。

シャントは大切です。2本穿刺できたらOKではなく、何のために2本穿刺して、何のために透析をやっているかの基本となります。

当院では聴診、触診などの理学的所見で異常を疑った場合すぐにシャントエコーを行います。シャントエコーで異常があった場合で血液流量が透析中(特に透析後半)に確保できにくくなった場合はシャントPTAを依頼します。

シャントエコーは簡便な検査ですぐにできますから非常に便利で重要な検査です。
精度は血管造影には負けますが、透析クリニックとしてのシャント管理においては必須だと思います。

実際に患者さんもやっている最中の画像も見れますし、患者さん自身の認識も高まると思います。

基本的にはシャント完全閉塞"ゼロ"を目指し、"早すぎず、発見が遅れすぎず"を意識してエコーを臨床の現場で利用しております。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年6月25日 土曜日

飲酒について

透析の回診をしていると時にこんな質問があります。

「透析をしていても酒は飲んでいいの?」

これはすごい難しい質問でいつも答えづらいものがあります。
基本的には透析されている方の場合、飲酒すると水分がたまる、アルコールによってはカリウムやリンが上がる、尿酸も上がることがある、といわれています。
特にビールやワインはカリウムあるいはリンが高いのでできる限り控えた方がいいでしょう。
焼酎やウイスキーはアルコール度数が高いけど、カリウムやリンがほぼないので少量であればOKでしょうという話になります。

またアルコールによって不整脈や心臓障害、血糖の悪化も心配されます。
ということはやはり透析患者さんにとってアルコールはよくないものだと思います。

学会でもタバコほど強く禁酒は指導されておりません。

透析患者さんの場合、食事を含めて制限が多く飲酒は精神的には随分と楽になるかもしれない。
理屈は分かっているけれども、何でもかんでも制限、制限というのは患者さんと付き合っていく中で強く言っていいのかなあとついつい思ってしまいます。

人生の中で何を楽しみに・・ということを言われると"健康"、"運動"、"趣味"などいい言葉は出てきますが実際はなかなか見つけ出す方は少ないと思います。この質問は酒好きの方が多いので、その楽しみを取ってしまうのは大変心苦しく思います。

ただ医療従事者としてはアルコールについてはきちんと説明をし、できる限り控えてもらい、楽しみ程度あるいはご褒美として機会飲酒をするよう勧めています。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年6月23日 木曜日

年に1回の定期検査の説明

こんにちは。
急にじめじめして暑くなってきましたね。
昨夜はやや寝苦しくて、窓を開けて寝てしまいました。

今日は外来の前に患者さんへの定期検査の説明をしました。
当院では胸腹部CT、エコー(心臓、頚動脈など)、ABIを行います。
これまではベッドサイドで説明をしておりましたが写真が小さく、またフィルムで説明しづらいことが往々にしてありました。
4月から画像システムが変更になり電子化となりました。
そのため検査説明がすべてテレビ画面で説明できるようになり、患者さんには透析前に説明するようになりました。

それまではベッドサイドということがありプライバシー保てず話しづらいこともありましたが個別にお互いが座って説明することにより丁寧に説明でき、患者さんからもそれに対しての質問があったりと非常に有意義な空間を取れると実感しております。

患者さんにわかりやすく、理解してもらおうとするにはやはりグラフ、写真など視覚的に印象のあるものを用いた方がいいと常日頃感じています。
定期検査以外にも患者さんにわかってもらえるような環境を提供していこうと思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら