院長の診療日記

2011年9月30日 金曜日

今の季節に思うこと

最近、天気の変化、気温の変化が激しいですね。

気温差があって、朝は涼しくて、昼は暑い日もあります。

雲が見当たらない日もあれば、雨の日もあって。

しかし思うことは1か月前よりは随分と過ごしやすくなったと思います。

暑くても熱中症になる程でもないし、寒いといっても炬燵にはいるほどではないと思います。

この時期こそ、外に出て歩いたり、庭いじりをしたりして身体を使ってほしいと思います。

最近、アンチエイジングという言葉をよく聞きます。

これは「老化の防止」、「老化の予防」ということになると思います。

アンチエイジングを聞くとサプリメントを想像する方もいらっしゃると思いますがやはり根本は食事と運動です。

腰痛などの関節痛、しんどいなど症状もあるとは思いますが、少しでも外に出ていい空気を吸ってほしいと思います。

運動といってもトレーニングをするわけではありません。もっと気軽に考えてほしいと思います。

動かなかったら、動くのが億劫になりますし、どんどん筋力が低下して、疲れやすく、しんどくもなりやすいです。

動かなくて筋力が落ちて、身の回りのことができない、認知症の出現、食欲不振の悪循環を廃用症候群といいます。

私はこの廃用症候群になってほしくないのです。

運動不足は少なくとも廃用症候群の予備軍になります。

少しでも動くことが体のエネルギーとなります。

気持ちにも爽快感が出てきます。

この季節に自分自身のために少しでも動く、無理にでも動くことで体力をつけてほしいと思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年9月29日 木曜日

体重増加が多い患者さんに対して

前回、この時期の体重増加が多い理由を書きました。

実際、どれだけ発汗して、どれだけ蒸発されるかはもちろん測ることはできません。

ただ、どうすれば除水量と除水速度をおさえることができるのか?

まず、患者さんに体重増加が多いとどうなるかを画像を使って説明をしてみようと思います。

肺水腫や高血圧など。。。

あと、除水速度を抑えるということから長時間透析について説明をしてみようと思います。

もちろん、透析時間の延長を強要することはしたくありません。

患者さんが楽になればというとこちらの思いと患者さんが透析時間を延ばされるという思いは一致することはないのですから。

患者さんが納得して、自分の体のために時間を延長するといって初めて長時間透析は成立すると思います。

ただ例外があります。

あまりにも体重増加が多く、カリウムが高く、肺に水がたまりやすい方は長時間透析もやむをえません。

透析も限界があります。

3時間なら3時間の食生活、4時間なら4時間の食生活が必要です。

それを超える食生活をされるのであればそれ以上の透析が必要となるのは言うまでもありません。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年9月27日 火曜日

1時間当たりの除水量

気温が暑いとどうしてものどが乾いてしまって水分摂取量が増加し、体重増加も多くなります。

ただし、発汗や不感蒸発があって体内の水分が喪失するため水分量の割には体重増加がおさえられていることがあります。

ただ、秋から冬にかけて気温が低下し、その分蒸発する水分量が低下し体重増加が顕著に現れやすくなります。

同じような水分摂取を取っていても体重増加が多くなるということになります。

気温の変化は体の水分量にも影響を与えるので馬鹿にはできません。

体重増加もとても重要ですが、一番は重要なのは透析1時間当たりの除水速度が重要です。

血圧が下がって危険とされている除水すスピードは0.4ml/kg/分です。

これを50kgの方にすると・・・1200ml/時間となります。

1時間に1200ml引くことはめったにないと思います。

あくまで危険領域の話です。

現場では1%以上の速度で引かないようにしましょうということになっています。

ですから50kgであれば1時間に500ml以上はかけないようにしましょうということです。

あくまで論文の結果ですが、1時間当たりの除水量を多くするとそれだけ体に負担が来やすいということです。

覚えやすく1時間当たり1%以内を目標にしましょう。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年9月26日 月曜日

震災対策

東日本大震災後、当院でもスタッフ間で災害対策について話をしました。

また、患者さんやご家族に対し災害対策便りをくばりました。

私は震災の経験はなく、落雷による停電を3回経験したのみです。

もちろん、火災もありません。

その中で実際に災害が発生した時にどのような対応を取っていいのか想像もつきません。

震度6以上の揺れも経験したことがなければ、透析中の自身も経験したこともないのですから。

論文や本を読むことでいざという時のためのイメージはできていますが、本当に実行できるかどうかはわかりません。

ただ、わからないでは済まされないので震災時一体自分たちはどのように対応すればいいのか、患者さんに対してどのように声かけや対応をすればいいのか?これはきちんと準備をしなければなりません。

まず、スタッフに対しては揺れているときの自分自身の対応、揺れがおさまった時の対応をしっかりと覚えてほしいと思います。

また患者さんにも揺れているときの対応と揺れがおさまった時に心構えをしっかりと覚えて頂きたいと思います。

院内紙やマニュアルだけではなかなかしっくりしませんし、いつまでも対岸の家事のような自覚でしかないと思います。

スタッフはもちろんのこと、患者さんにも自覚して頂けるように当院で震災対策の説明会を行ってみたいと思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年9月22日 木曜日

下肢動脈硬化について最近思うこと

最近、下肢動脈硬化による痛みを訴える方がいらっしゃいます。

数名で決して多いとは言えませんがここ1カ月以内に出現しています。

季節などは関係なくもともとあった足の病気がある時を境に急激に症状が出現してきたのでしょう。

足の動脈が細い方は結構いらっしゃいます。

その中で高度な狭窄で症状が出たり、治療が必要となるような場合は早々あるわけではありません。

当院ではABIを年に1-2回行っていますが1.0以下であれば下肢造影CTやエコーをします。

ただその次の段階です。

診断できたらどうするか??

だいたいの方は足が痛いなどの症状はありませんし、紫色になっているわけでもありません。

上流の狭窄に対してはカテーテル治療になります。

我々は日常茶飯事ですが、患者さんからするとおおごとです。

症状もないし、足の色も悪くない、急ぎでもない、入院が必要、カテーテル治療にも副作用があるという色んな天秤にかけるとなかなか治療まで行きません。

でも急速に進行し、急速に症状が出現することがあります。

実際は足が痛い、すこし足の色が悪くなった時点でカテーテル治療となることが多いです。

ただ、その時には結構進んでいて狭くなっている箇所は1か所ではすみません。

カテーテルをする時期はどのタイミングがいいのか?!

足を守っていくにはどうしたらいいのか?!

足の症状や色も悪くないのにカテーテル治療をしたくない患者さんの気持ちもわかります。

本当に悩みます。

できれば色が悪くなる前に何とかしたいというところです。

診断したら、場所によっては(上の方)はまずカテーテル治療。

それ以外は医師だけでなく、看護師にも協力しあって早期発見!

早期発見できれば患者さんの症状や意思も尊重しながら治療にすすめていければなあと思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら