院長の診療日記

2011年10月29日 土曜日

心掛けていくこと

透析で大切なことは患者さんを苦痛なく、できるかぎりの訴えなく、安定して透析をしてもらえる環境をつくることにあります。

そのためには色んなことに注意をしなければなりません。

食事摂取状況、睡眠状態、運動や散歩などの活動状態、薬剤の調整、ドライウェイトの調整など。

もちろん透析時間、透析回数、透析方法、透析液の清浄化も関係してきます。

大切なことは患者さんの中心は透析ではないということです。

患者さんの生活を充実させるための手段の一つと考えます。

手段の一つといってもその手段の方法がまずいと生活全体が崩れてしまいます。

ですから透析を行い、接していくということは患者さんの生活を支えていることにもなります。

かといって透析さえすればいいというものではありません。

患者さんの生活の中での食生活をサポートしていく必要もあります。

あと忘れてはならないのが運動です。

仕事されている方もそうですが、御高齢の方には極力散歩などの外出を勧めています。

運動は何物にも勝るものだと思います。

当院の地域は坂が多く、散歩といえども重度の運動ともなってしまいますができる限り5000歩以上は歩いてほしいと思います。

万歩計を使っている方もいらっしゃいます。

はじめはしんどくて、面倒くさいといっていた方でも習慣化すれば気持ちも晴々としてきます。

そんなかたを見ると運動は素晴らしいと感じます。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年10月28日 金曜日

透析時間

最近少しずつ患者さんの透析時間を延長していっています。

除水量が多いから透析時間を延長しなければならないケースもありますが、基本的にはしっかり透析をやってしっかりと食べようというスタイルで延長をしています。

延ばした方がいいとはわかっているようですが、なかなか時間は延ばしたくないという患者さんは結構います。

日本透析学会の統計を見ても明らかで透析時間が長いほど生命予後はよくなります。

しかし、透析導入時から3時間透析をしている人はなかなか増やしたくないといいます。

これは僕自身の反省もあります。

もっと保存期腎不全の透析前からきちんと透析というもの以外に、透析をしっかりすることで元気にいられることをきちんと伝えておく必要があったと思いました。

4時間透析が大多数で残りの20%くらいが5時間透析というところもあります。

これはきちんと先生やスタッフが透析の必要性を説明し、納得された上されていると思います。

そのような施設では4時間が当然になり、新たな患者さんも4時間が当然と思うでしょう。

当院では4時間未満の方がまだたくさんいます。

ごく少数ですが、透析時間を5-10分早く終わってほしいと訴える患者さんもいます。

たかが5分ですが、されど5分。

それが1年間積みなさなると720分にもなってしまいます。

患者さんは透析に命を預け、我々はそれをキチンを見守っていく必要があります。

いろんな事情で4時間できない方もいますが、極力延長できそうな方は延長していこうと思っています。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年10月25日 火曜日

元気で生き生きしてきた患者さん

糖尿病で透析されている患者さんがいます。

透析導入後、しばらくは安定していたのですが、尿量減少と透析での除水量が多くなっていき、次第に透析中の血圧が不安定になってきました。

除水量やドライウェイトを調整してもなかなか血圧低下がやまず、苦しい思いをされていました。

やむを得ず、メトリジンやドプスを使用し、何とか血圧を維持しました。

透析中に血圧が下がると、透析中だけではなく、透析後の生活もしんどくなり、動く気さえなくなります。

この患者さんは血圧低下が翌日まで続くことがあり、翌日もしんどい思いをされてきました。

透析翌日は本来は自由な時間であり、好きなこともできる時間です。

しかし、透析で血圧が下がってしんどいせいで、好きなこともできず、外に出ようという気持ちすらなれなかったのです。

透析がつらくて、いやなおもいをされていました。

しかしある時、別の方から運動を勧められました。

動かなかったら余計にしんどくなって、食べれなくなって、つらくなるということでしょう。

その患者さんはしんどさがあるにもかかわらず、自分のためと思って、無理に体を動かし、外に出て、好きなスポーツをしました。

それを繰り返していくうちに、どんどん外に出て、スポーツをすることに楽しみを覚えて、今では血圧低下もなく本当に生き生きされています。

本当にうれしかったです。

「透析患者ということを忘れて暴れています」と言われました。

透析されている方は常に「透析」というふた文字があるのかもしれないなあと思いました。

その時に、以前読んだ「透析患者さんと家族が元気になる本」の内容を思い出しました。

患者さんが書かれている本ですが、その中に

{自分は透析患者と思わないで、たまたま透析をしている透析者と思うようにしている。病人と思うことが、自分にとってプラスに働かない」

と書かれていました。

透析を忘れるくらい何かを見つけて楽しんでいる患者さんを見るとついつい嬉しくなってしまいます。

そのような状態を維持できるよう協力してやっていきたいと思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年10月24日 月曜日

透析患者さんと介護保険

介護保険制度が始まって11年がたちます。

昨年度から認定基準が厳しくなり、よく認定度が下がったという声が聞きます。

実際、要介護1が認知症と症状不安定な状態の場合のみ認められ、それ以外の要介護1の方は要支援1-2となってしまいます。

透析患者さんはどうか?

透析患者さんは幸いに特殊な治療の項目で「透析」という項目があるので点数に加算され、下がりにくいと思います。

実際、当院でも認定度はあまり下がっていません。

もちろん、患者さんも1年ごとに年を召されるのでどうしても認定度(介護度)は上がる傾向にあります。

透析患者さんでよく利用されるのが訪問介護と通院乗降介護です。

クリニックや個人病院では送迎がもはや当然のように行われています。

しかしどうしても家の中までというのは駐車状況や他の患者さんもいますので実際は不可能です。

ですから送迎までの介助が必要になることが多いです。

問題は透析後の介助です。

透析のない日や透析前の状態がたとえ要支援1-2レベルでも透析中の血圧低下や透析後の倦怠感で要介護1-2となってしまう特殊性があります。

透析が特殊治療項目であるため、介護保険でも認識されていると考えるが、患者さんの状況と認定が異なる場合は再認定の必要を考慮しなければならない。

要介護4-5など送迎車を含めた通院送迎となるケースはまだ少ないように思えます。

しかし透析患者さんに限らず要介護の方は増えてきています。

身体を動かすこと、廃用予防や活動的な生活を行うよう支援する予防事業は今後、真剣に考えて行かなければならないと思います。

透析も医療と介護の連携をしっかり組みながら、患者さんの自宅での状態、ADLなど含めた情報を把握していく必要があると考えます。

そうしないと廃用で動けない、動けないので認知症が出現してしまう、あるいは進行してしまう、こけやすくなって骨折してしまう、透析がもっとつらくなってしまう。。。

などの透析、日常生活全般的な身体・精神的能力が低下してします。

どういう風にすれば医療と介護の両面から患者さんを把握、サポートできるかを真剣に考えなくてはなりません。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年10月22日 土曜日

アロマを使ったかゆみ対策

ある患者さんが全身のかゆみに対してアロマオイルを使っていいかといわれました。

正直言ってあまり知りませんでしたが、それまでその患者さんは顔や手などには使っていたのでアレルギー反応はないと判断し、おなかや背中のかゆい所に塗ってもいいという許可を出しました。

すると次の回診時にはかゆみが随分と楽になったというのです。

正直言って驚きました。

アロマの内容はローズウッド、ラベンダー、カモミールともうひとつは思い出せません。

いいにおいでしたが、つけたことはありません。

女性の方が詳しいようですね。

調べてみると鎮静作用以外にも、炎症を抑えたり、殺菌したりする作用もあるようですね。

看護師さんを中心に色々と試されているようです。

①アロマゲル

②ラベンダーワセリンなどワセリンにアロマオイルを滴下したもの

③アロマオイル

④アロマ浴

(ローズウッド、ヘパーミント、ラベンダー、サベンサラ、カモミール、ローズマリー)が調べたなかにはありました。

よんでみるとカモミール、ラベンダー、ペパーミントは何となくいいのかなあという気がします。

多分もっといろんな組み合わせや種類はあると思います。

香りがするので好みがあると思いますが、かゆみだけではなく気持ちが和らぐという点でも効果を発揮

するものだと思います。

透析方法を変えてもすぐにかゆみは改善しません。

かゆみは日常のつらい症状の一つです。

当院でも考えてみたいと思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら