院長の診療日記

2011年11月29日 火曜日

どうなんだろ??

「透析患者さんに対する運動療法の是非」というテーマの論文を読みました。

というのは、最近透析患者さんの筋力低下を含め生活全般で支障をきたしてきている方がいらっしゃって、何とか予防方法はないものかと考えております。

基本的には栄養と運動ということが最も重要だと思います。

もちろん透析の質も重要ですが、今はちょっと横に置かしてもらいます。

それでその文献の図に・・・

「透析日と透析がない日の身体活動の比較」というものが載っていました。

要は透析日と透析がない日では活動度には差があるかどうかという図です。

これを見ると...

<透析治療中>

透析ある日はもちろん活動度が低くて、同じ時間帯で透析がない日の方が圧倒的に良く動いている。

<透析終了後~透析終了後2時間>

あくまで同じ時間帯(例えば透析終わった午後1時~3時など)で比べているということですが、透析のある日の方がむしろ活動度が高かったのです。
 
通院透析をしている場合なので通院にそれだけのエネルギーを使っているからでしょうか?

透析後はやはり疲れて寝ているという方もいらっしゃるのでどちらかというと活動度は低い印象を受けていました。

年齢や仕事などにもよるかもしれませんね。

正直言って予想外でした。。。。。

<透析終了5-20時間後>

これは活動度に特に違いはありませんでした。

どのように運動を取り入れていくか?

日本でも日本腎臓リハビリテーション学会が立ち上がりました。

腎臓病の方に対して運動療法、食事療法、精神的ケアなど含めトータル的に患者さんと接していこうということです。

特に運動は透析患者さんも積極的に勧められるようになりました。

ただ、まだ運動療法に対する認知が低いのでこの学会が設立されました。

透析-栄養‐運動‐介護、この4本柱を総合的に考えていく時代だと確信しています。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年11月28日 月曜日

接遇研修~スタッフの感想は?~

先日、接遇研修を受けました。

以前にブログでも書きましたが、あいさつを含めた基本的なことからホスピタリティまで本当にいい講義を受けたと思っています。

今回はスタッフに感想を書いてきてもらいました。

感想依頼するときに2つでも3つでもいいから箇条書きにして出して欲しいといいました。

しかし先日感想を受け取ってみると、全員箇条書きではなくて、しっかりした感想文でした。

まじめで真剣に取り組んでいるスタッフと一緒に働けて本当に幸せ者と思います。

感想文を書いてもらった目的は?・・・

ホスピタリティに対して自分がどう思い、どうしていくべきかについて真剣に考えてもらうためでした。

難しい言葉は不要だし、高度な文章も不要です。

私の評価というより、自分がどれだけこの議題について深く考えることができたかが重要だったのです。

スタッフの文章を読んでみて、真剣に考えたことがよく伝わってきました。

スタッフの感想を一部記しました。

「患者さんがストレスなく気持ちよく透析ができる環境をつくるためには、まずスタッフ同士でもコミュニケーションや思いやりの気持ちを持って働くことが大切。そのためには自分の立場をよく理解しなければならない。」

「丁寧な言葉使いはもちろん大切。だけど丁寧だけがいいということとは限らない。透析は患者さんと接する時間も長く、かかわりも深いので、患者さんの色んな背景も含めて看護している。家族のような、もしくは何でも話してくれる立場で入れたらと思う。本人同士がお互いに納得し、気持がわかって心を開いてくれたらというきもちで看護をしている。全てが同じ対応ではいけないので見極めながら看護をしていきたい。」

「患者さんの大半が自分より目上である。そのことは気をつけたい。言葉使いには気をつけなければいけないと思うが、なかなか変えられず悩む日々です。」

「表情が固くなってしないことが多いですが、口角をあげるだけでも全然違うのて意識していきたい」

「患者さんとどんなにコミュニケーションがとれても印象が悪いとイメージが悪くなってしまう。飲料をよくするためにはまず身だしなみ、言葉使い、態度が大切。制服が汚れているだけで不潔なイメージになり、髪形や化粧で派手な印象を与えてしまう。気をつけたい。」

「ネガティブな感情はネガティブな表情しか生み出さない。・・・この言葉を深く受け止めていきたい」

スタッフそれぞれの思いがあります。

僕はその気持ちについてどうこういうつもりはありません。

あとは行動ですね。

感想文を書くことが大切ではなく、行動し続けることが大切だと思います。

つまづいては乗り越えの繰り返し。。。だけど考え続けるべきことだと思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年11月25日 金曜日

トリガーポイント~透析患者さんへの応用

昨日の講義では痛みの95%が筋骨格系の痛みからくるということです。

あるところが損傷する

痛いからかばう

かばうとさらに違うところが痛くなる

長い間、かばったり、無理をしていると身体の平衡がくずれて、軟骨が減ったり、変形したり、ヘルニアになったりしてくる

ということでした。

つまり、骨が変形している→痛い

ということではなくて、

痛いのが続いてくると変形してくる(体の構造が崩れる)可能性があるということです。

ですから体の構造を崩れる前に痛みに対応して治す必要があることです。

痛みは深く、メンタルや免疫や自律神経にも関係してきます。

確かに痛いとやる気がなくなったり、気分が沈んだりしますね。

昨日、色んな実技をしました。

僕もさせてもらいましたが結構実感としては手ごたえを感じました。

透析患者さんは首、肩、腰を中心とした痛みと戦っている方が多いです。

僕としては医療の現場の中でどう取り組んでいこうか考えています。

まず知識の習得が必要であり、基礎的な実践を行っていこうと思います。

"身体全身を整える"という手技はマスターしようと思います。

これだけでも筋肉と筋膜はほぐれてだいぶ楽になると思います。

痛みの専門家ではないことは十分理解しています。

できる限りのことはやって、効果がなければ専門家に相談することは必須です。

~透析中の痛みに対して~
質問してみました。

●透析患者さんは静止状態なので痛くなる。

●静止状態というのは筋肉が収縮している状態でオン―オフがない

●時間とともに痛くなってくる。

対策としては
●上肢:手を握る、肩を上下させる
●腰:膝を曲げ伸ばしする。膝を開閉させる。

これだけでも筋肉と筋膜は弛緩するということです。

筋肉をほぐしてあげる感覚でできる限りゆっくりと毎回やることがポイントだと思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年11月24日 木曜日

トリガーポイント研修会に行ってきました。

本日兵庫県加古川市で行われたトリガーポイント研修会に行ってきました。

透析患者さんは首、肩、腰の痛みを訴えている方が多いです。

4-6割くらいいらっしゃいます。

整形外科に行ってもなかなか良くならないケースもありますし、再発を繰り返す方もいらっしゃいます。

そのような患者さんを診ていて、「痛み」に対して根本的に考えを改めるべきではないかと思い受講しました。

医療系で参加しているのは私だけで、他には柔道整復士、リラクゼーション、鍼灸の方などがいらっしゃいました。

要は僕だけが素人だったということですね。

痛みに関しては本当に勉強になりました。

後半は実技もあり、僕は神戸市西区の鍼灸師の先生とペアを組ましてもらい、勉強になりました。

しかし、勉強というよりプロにやってもらっているので体がほぐれ得した感じです。

少し触ってもらっただけで体が本当に楽になるんです!!

実感して驚きでしたよ。

トリガーポイントを知ったのは下記のHPを見てです。

http://trigger110.net/

講師の佐藤先生は痛みのプロであり、痛みについて真剣に取り組んでおられます。

患者さんのきっかけ・心情からすべての治療が始まるということも勉強になりました。

透析患者さんのどう応用するか??

考えてみたいと思います。

トリガーポイントに関しては続けてご報告していこう思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年11月22日 火曜日

カロリー不足でリン上昇?

時にまじめに食事管理をしている患者さんでリン(P)が高い患者さんがいます。

基本的には腎臓が悪くなるとリンが高くなり、透析患者さんでもリンが高いのは珍しくはありません。

1回の透析でリンが約1000mg除去され、便でも約400mg除去されるといいます。

1週間ですると。。

透析での除去:1000mg×3=3000mg

便での除去(毎日排便として):400mg×7=2800mg

合計が5800mgとなります。

1日換算とすると約800mgとなります。

排便頻度や食事量でも変わってきますので700‐900mgの幅はあるかもしれません。

ただ、除去される以上に飲食すると体内のリンは上昇します。

血液検査で高りん血症が続くとリン吸着剤を内服するようになります。

栄養状態からするとある程度タンパク質を摂取する必要があります。

ですからリン吸着剤なしでリンが上昇するのはよほど長時間透析をやっていないとやむを得ないと思います。

ところが食事をしっかりされていてもリンが上昇するケースがあります。

食事内容を見てみると明らかに食事量も少ないのになぜ。。。

栄養士さんいわく、総カロリーが少ないということです。

総カロリーが少ないと身体の中の筋肉などにある蛋白が分解されてリンが血液の中に出てくるというのです。

はっきりいって半信半疑でした。

尿素窒素(BUN)はカロリー不足で上昇するけどリンも上昇するの?

教科書を見てみてもカロリー不足でリンが上昇するとは書いていませんでした。

ただ、カロリーとリンの関係についても書いていませんでした。

本当に長期的なカロリー不足は体内の筋肉を崩壊し、リンを上昇させてしまうのか?

理屈ではありそうな感じでした。

しかし本当かなあ?

ただ2人とも栄養指導した後、カロリーを取るようになってからPは7mg/dl⇒4mg/dl台に。

さすがです。

カロリー不足は骨?あるいは筋肉?からリンが遊離する可能性があると思います。

腎機能が正常であれば少々リンが上昇しても腎臓で排泄されます。

透析患者さん特有の所見かもしれません。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら