院長の診療日記

2011年12月27日 火曜日

エルカルチンの心臓に対する長期予後

エルカルチンは今注目されている薬の一つです。

このブログでも何度か書いていますが、検索としてはかなり上位を占めている今注目されている薬剤です。

今回は透析患者さんの報告ではありませんが、アメリカの心臓の雑誌にエルカルチンについて載っていましたので報告します。

この報告の患者さんは拡張型心筋症といってかなり重篤な心臓の病気の方に対して行われた研究です。

ギリシャの方々が報告しています。

エルカルチンを飲んでいるグループと飲んでいないグループの差は?

内服して1年後から徐々に生存率に差が出てきました。

2年経つと飲んでいる方と飲んでいない方の差は歴然となりました。

3年後の生存率は内服しているグループは97%に対して、内服していないグループは82%でした。

しかも特にやめるほどの副作用もなかったということです。

重篤な心臓病の方・・・・特に心臓の筋肉(心筋)が傷んでいる心臓病に対して有効であると示された報告です。

透析患者さんでも拡張型心筋症、あるいは拡張型心筋症に近い心臓をお持ちの方がいらっしゃいます。

3年間という比較的長い期間でエルカルチンの有効性が示された論文と言えます。

「心臓を守る」薬として有効だと僕は信じています。

今後もっともっと規模の大きな研究でエルカルチンの有効性が示される報告が出てくることを期待しています。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年12月24日 土曜日

3時間透析の人がうらやましい

透析間の体重増加が多く、本人、スタッフ共々なやんでいる4時間透析の女性がいます。

時間を延ばしたくない、食事管理目的に入院はイヤということで水分制限を頑張るよう言ってきました。

それでもその次の時にはやはり体重増加が多いという繰り返しです。

今日お話をしました。

現状の透析の状態では4時間はつらく、延長は必須であることを伝えました。

「透析時間は長ければ長いほどいいんですよ。透析のための拘束時間は長くなりますが身体にはいいんですよ」と。

すると

「3時間で早く透析が終われるのはうらやましい。」

時間を延ばさせると余計につらくなり、食事さえしっかり押さえていれば3時間に戻れるとも思っているのでしょう。

しかし、それは大きな誤解です。

透析時間はやはり一番の身体を整えてくれる治療法であることは間違いありません。

「うらやましいというのは早く終わるということであって、実際体のことを考えると全く逆なんですよ。」というと納得され時間延長をしていこうという気になられました。

「身体にとっていいのならやってみてもいいかなあ」というところでしょう。

やはり患者さんからすると正直なところ時間が短く、早く帰って好きなことをしたいという思いがあります。

そういう思いを作ってしまったのは私の責任でしょう。

透析時間が体にとっていいということを熱心に伝えきれていないことがそういう誤解を生んだと反省しています。

実際、海外の偉い先生が

「高血圧と栄養状態を清浄化させる決定的な因子は透析時間」

と言われています。

私の経験値はまだまだこれからですが、データとしてはきちんと蓄積されています。

患者さんにもいろんな思いがあるのでそれを聞きながらも自分の信念は持ち続けようと思っています。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年12月23日 金曜日

ゴッドハンド来る!!

本日は祝日。

でも透析医師やスタッフや患者さんは関係ありませんよね。

しかし、本日は祝日にもかかわらず朝からゴッドハンドが当院にやってきてシャント手術をやって頂きました。

シャント人工血管完全閉塞の方。

シャントPTAでも開通せず、ゴッドハンドに昨日依頼。

昨夕に直接電話を頂き、「祝日しかもう空きがないから明日病院に行って手術させてもらっていいですか?」と。

なんて素敵な先生でしょう。

こちらからお願いした患者なのに当院に来て手術して頂けるなんて!!

しかも祝日ですよ。

そのゴッドハンドの先生とは以前からお付き合いがあり、何度も来て頂き、手術も拝見しました。

本当に素晴らしい技術と才能の持ち主です。

しかも非常にアイディが多く、透析の穿刺のことも考えてシャントを作ってくれるというとてもいい先生です。

兵庫県の宝といっても過言ではないでしょう。

我々透析従事者にとっては一番大切なのはまずシャントですし、シャント異常となることが最も重大な問題です。(意識しているかどうかの問題はありますが)

今回も難解な症例でしたがエコーを見て、素早くイメージをしグラフトの再建を行って頂きました。

グラフト再手術と思っていましたが、静脈側のみを新しいグラフトを使って腕の静脈につなぎ合わせてくれました。

相変わらず縫合が丁寧でかつ早い。

出血しやすい条件のもと本当に素早くやって頂きました。

患者さんも本当に喜んでいました。

術後もお話をし、もっともっとシャント手術をしていって良好なシャントを作っていきたいとのことです。

困っている症例はよく耳にします。

「困っているんであれば声かけてくれたらどんどんするのに・・」と。

こんなにも忙しい先生なのにさらに向上心を持って手術をされ続けるゴッドハンドには感銘を受けました。

だからゴッドハンドになれるのでしょうね。

本当に信頼のおける技術力の極めて高い稀少な先生です。

我々はシャントを大切に管理し、必要に応じてこのようなシャント専門医と連携を持ち、患者さんにいい透析を提供できるよう努力していきたいと思います。

許可を得ましたのでホームページを公表します。

http://www.kojima-geka.info/index.html

本当に技術の確かな先生です。傷口のことも考えてくれるちょっと小声でシャイな先生です。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年12月22日 木曜日

熱い!!

今日は昼から介護保険審査の日。

今日は35人の方の新規あるいは更新申請書類を審査してきました。

気になったのは癌患者さんが増えてきていることと65歳以下の申請患者さんが増えてきていることです。

上記の方は全体からするとまだまだ少ないですが印象としては確実に増えてきています。

普段からの健康チェックは若い時から必要ですし、癌の可能性は誰にもあるわけので健診での早期発見も重要です。

透析の方も週3回通院されていますが、年に一度はやはり検査が必要だと改めて思いました。

その会議後、訪問看護担当の熱いおばちゃん看護師さんと話をしました。

当院に訪問看護に興味を持っている看護師がいるので見学に行きたいというお願いをしたところ訪問看護について話をし始めました。

なんせ介護保険制度ができる前の15年前から訪問看護をやっている大ベテランなので"訪問看護のやりがい"について熱く40分くらい話をしました。

多分還暦も過ぎていると思いますが、その熱い思いというのはかなり伝わってきました。

病院ではなかなか1対1の付き合いはできないけど、訪問看護はそれができて、病院に比べると規模がこじんまりとしているのでやりたいことができるし、何よりも患者さんと近くに接してケアができるということです。

本当に生き生きされていました。

そういえば普段仕事をしていて、心が豊かになる時って患者さんと密に話したり、接したりする時かなあと振り返って思いました。

今後、訪問看護の重要性もさらに増えてくるのは間違いありません。

実際現場でどのようなケアをし、接していくかを知る必要があると思っています。

医療現場と在宅医療を統合することにより本当のケアができます。

事業体は別でも連携をしっかりすればできることです。

患者さんのことを把握したいと思えば、家での状況を知ることが非常に大切ですよね。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2011年12月20日 火曜日

透析時間延長の受け入れ

昨日、臨床工学技士との話し合いで透析時間の延長を勧めていく患者さんを決定しました。

勝手に透析時間を延長するわけにはいかず、患者さんの都合や気持ちを聞いて~透析時間を延長してきます。

まあ、当たり前ですけどね。

これまでの経験からは:::

「時間を延ばすと余計にしんどくなるから」

「これ以上しんどい思いをしたくない」

「仕事の都合で...」

という感じでどちらかというと時間延長は難関でした。

自分の中でも壁がありました。

しかし、今日は以外にもすんなり。

「身体のためにいいのであれば延ばしてもらっていいです」

何があったのでしょうか?

最近ちょこちょこ透析時間を延長している方がいつのでその傾向が出ているのか?

それともたくさん除水するとそれだけしんどいのを実感しているのか?

さりげなく、スタッフが言ってきたのか?

「やる」といっている方に対して理由は聞きません。

その決断を大切にしたいと思っています。

今後、透析時間を延長し、「楽」、「元気」など前向きな結果が出てきてほしいものです。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら