院長の診療日記

2014年3月29日 土曜日

昨日のニュースウォッチ9

ニュースウォッチ9は毎週月曜日ー金曜日午後9時からNHKで放送されています。

昨日は「透析患者さんの事前の透析中止の確認」について報道されていました。

認知症などで自分が自分と分らなくなったときに透析を中止するべきかどうか?

認知症だけではなく、終末期に中止するべきかどうか?

非常に難しいと思います。

ご自身で判断できない状態なので、ご家族にその判断をゆだねることとなります。

非常に難しい決断であり、決断後のご家族自身がその選択についてよかったのか、よくなかったのか自問自答を繰り返します。

ある病院では透析患者さんに対して事前確認を行っていました。

その中の約7割が「中止」を希望されていました。

1割は「継続」を希望されていました。

中止の割合が多いのはやはり自分がわからない状態で自分のため、家族のためにも中止したほうがいいという意思があるのかもしれません。

中止と継続、7割と1割、割合はどうであれ、考えておくべきなのかどうなのか。。。

その報道にあった先生は「生活するための透析であったのが、認知症になると生きていくための透析となっている。」とおっしゃっていました。

考えさせられます。

透析医師である以上、患者さんには元気に長生きをモットーに頑張っていますが、人間いつかは最期がやってきます。

透析患者さんに限らず、すごく大切だけれどもやや切なくて、勇気の必要になる問題ですね。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2014年3月27日 木曜日

多発性嚢胞腎の方に朗報

腎臓病の中に多発性嚢胞腎というものがあります。

遺伝性の疾患で、進行すると透析が必要となることがあります。

腎臓の嚢胞がたくさんできて、徐々に腎臓の機能が悪化していきます。

これまでは多発性嚢胞腎そのものに対する治療法はありませんでした。

このたびついに以前から期待されていた多発性嚢胞腎に対する治療薬が発売されました。

以前、このホームページにも掲載していた「サムスカ」という薬です。

この前はサムスカは心不全の薬と紹介しましたが、追加効能が認められ、多発性嚢胞腎にも認められたということです。

心不全の方と嚢胞腎の方とは量が違います。

内服量に関しては

○心不全の方→15㎎

○嚢胞腎の方→60㎎から開始し、120㎎まで増量。

まったく量が違います。

注意点とすると誰でのもめるわけではありません。

○腎臓の容積が大きい方(750ml以上)

○腎臓の容積が年々増大している方

○腎臓の機能が正常の方(GFR60以上)

副作用にも要注意です。

ナトリウムのバランスが崩れることがあります。

これが一番要注意です。

充分な水分摂取も必要です。

これもかなり大切です。

この薬は医師、患者さんともにかなり熟知していないと投与するべきではないと考えています。

ただ、多発性嚢胞腎の方は透析になる可能性があるので早めに内服することによって将来の透析への進行は抑えることができると思われます。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2014年3月25日 火曜日

オンラインHDFの膜について

血液濾過透析の膜はおおきく、PS膜とPES膜とPEPA膜があります。

通常の透析よりは種類が断然少ないです。

血液濾過透析で当院では前希釈オンラインHDFをやっています。

オンラインHDFは透析の血圧低下を予防したり、かゆみを軽減したり、将来起こり得るアミロイドーシスの予防をしたりというメリットがたくさんあります。

2年前にきちんと保険適応になって、オンラインHDFを行っている施設も多いと思いますし、今後も増えてくると思います。

オンラインHDFをしたらいいというものではなく、きちんと患者さんにあった膜を選択する必要があります。

オンラインHDFをするにしても、ガンガン除去したらいいのか、普通でいいのか、マイルドでいいのか?

若くて栄養の言い方はガンガン引いたらいいのでよく抜ける膜(MFX-Uなど)を使ってもいいですね。

ご高齢の方はガンガン引くとアルブミンという栄養物質も抜けてしまうのでマイルドな膜がいいと思います。

マイルドでアルブミンの抜けが低い膜となるとTDF-MやMFX-Mとなります。

その間にABH-Pがきたり、TDF-Hがきたり、MFX-Sが来たりします。

昨年発売されたPEPA膜のGDFに関してはどちらかというとガンガンなほうなので若くて栄養状態が言い方にあっていると思います。

いろいろな情報を参考にしながらいい膜を選択していきたいと思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2014年3月20日 木曜日

高齢者の血糖コントロール

国際糖尿病連合によると、高齢者の状態によって目標HbA1cが違うようです。

①元気な高齢者の方→HbA1c70.-7.5%

②要支援の高齢者の方→HbA1c7.0-8.0%

③認知症のある高齢者の方→HbA1c8.5%以下

④終末期のかた→極端な高血糖を避ける。

世界的な学会がこのような指針を発表する背景には世界的な高齢化の進行を表しているのでしょう。

2型糖尿病が増えてきており、2035年までは糖尿病人口も増加すると予測されています。

日本の場合は人口が減っても、糖尿病の罹患率は間違いなく増えるでしょう。

その分2型糖尿病を持つ高齢者も増えてきています。

高齢者と言っても元気な方もいれば弱っている方もいらっしゃるのが現状です。

低血糖に気付く方もいれば、低血糖に気付かない方もいらっしゃいます。

日本の学会では合併症を予防するHbA1cの目標値は7.0未満とされています。

厳格な血糖管理は低血糖の危険性もあり、命に係わることや後遺症を残すこともあります。

糖尿病を予防するという重要性も感じながら、糖尿病をどう管理していくかも非常に重要な課題です。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2014年3月18日 火曜日

第2回きたうらクリニック勉強会

3月16日にJR加古川駅南側にあるJAビル4階できたうらクリニックの勉強会を行いました。

第1回目は料理教室だったので、今回はスタッフによる勉強会を行いました。

日曜日にもかかわず、29名の患者様とそのご家族様が集まられました。

内容は

①看護師からドライウェイトについて

②私からは透析患者さんの運動について

お話をいたしました。

合計で約1時間ではありましたが有意義な会であったと思います。

患者様からも「楽しかった」、「またお願いします。」などというお声も頂きました。

皆さん、熱心に聞いておられ、感銘を受けました。

今後も、定期的に続けていきたいと思います。

写真を添付したいのですが、、、。

まだソフトが修復していません。。。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら