院長の診療日記

2014年4月29日 火曜日

便秘の種類

一言で便秘といってもいろんなタイプに分類しています。



器質性便秘というのは大腸がんなどによる便秘です。

機能性というのは動きが悪いとか、痙攣したりして、腸全体の動きがよくないことによる便秘です。

一番多い原因は、機能性便秘の中の、「弛緩性便秘」です。

これは大腸の運動が低下し、糞便の通過時間が遅くなって起こってきます。

これからの大腸の動きをよくする目的で多くの下剤が出されています。

大腸の動きをよくする下剤として有名なのが、プルゼニド、ラキソベロン、ヨーデル、大黄などです。

これらを刺激性の下剤といいます。

それに対して便が固くて糞便がなかなかでない方には刺激性下剤と呼ばれる、酸化マグネシウム、マグミット、D-そるびとーるなどを出します。

さらに、新しい下剤として「アミティーザ」も加わりました。

小腸で水分を分泌し、便を柔らかくし、いきみや残便感を減らしていきます。

つまり「自然な便」となるわけです。

1日2回投与するわけですが、2週間以内に自然な便が出るようになります。

もともと飲んでいた下剤を減らすことも経験します。

長期的に内服することも心配なく、安心して使えます。

注意点は。。

①食後に内服すること

②投与早期に悪心が出ることがあること

③効きすぎて下痢になることがあること

です。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2014年4月26日 土曜日

透析患者さんの便秘(麻子仁丸の効果)

漢方薬に麻子仁丸という下剤があります。

子の漢方薬は尿や汗が多く出だりして、体内の水分量が減少し、便が固くなった方に使用します。

透析患者さんは腸内の水分が減少しているという報告もあり、便が固い方が多いです。

ですから麻子仁丸が透析患者さんの便秘に有効ではないかという風に言われています。

下記に漢方医学雑誌からの報告があり添付いたします。


比較的早期に便秘が改善しているのがよくわかります。

さらに別のスコアで「固い便」(左図)や「便が残っている感じ」(右図)のスコアも改善しています。



麻子仁丸は腸を潤しながら、胃腸の動きを促進させてくれる漢方薬です。

漢方薬を飲める透析患者さんには有効だと思います。

効くか、効かないかは2週間で判断すればいいと思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2014年4月25日 金曜日

糖尿病でよく使用するビグアナイド薬の使用について

糖尿病薬で昔からあって今でも存在感のある「ビグアナイド薬」。

商品名でいうと、メトグルコ、メデット、グリコラン、メトホルミン、ジベトスなど。

この薬の一番のデメリットは乳酸アシドーシスを起こす危険性があること。

まれな合併症ではありますが、この乳酸アシドーシスは怖い合併症なので注意が必要です。

以下の表の患者さんには要注意です。



腎臓の悪い方や75歳以上の高齢者には基本的に新たに投与するべきではありません。

また、そのほか熱中症、脱水症など食事がとれないときには中止を。

それ以外にも手術があるとき、心臓が悪くて息切れなどがあるときはやめておいたほうがいいでしょう。

糖尿病専門医を中心に非常によく使用され、基本的には安全性の高い糖尿病薬なのですが、注意を忘れてはいけません。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2014年4月19日 土曜日

血圧の薬(降圧剤)の組み合わせ

血圧の目標値は腎臓病の方や脳疾患をお持ちの方で異なりますが、なかなか1剤だけで目標を達成できることは多いとは言えません。

場合によっては2-3種類の薬を飲み合わせる必要があります。

いろんな作用のある薬の中で相性がいいのが下の図の組み合わせです。



最近合剤という「2個1」の薬(リンスインシャンプーみたいなイメージ)が多く発売されています。

合剤というものはいい組み合わせの薬だと思っていただいて結構です。

当院でもよく処方しています。

患者さんによって種類を選択して処方していますが、合剤はなかなか有効な治療法だと思います。

図を見ても自分が何の種類を飲んでいるかがわからないかもしれませんが、参考にしてください。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2014年4月16日 水曜日

新しい糖尿病薬SGLT-2阻害薬と腎機能

もうすぐ、新しい糖尿病薬のSGLT-2阻害薬が発売になります。

これから続々とされてきます。

このお薬は腎臓に作用します。

腎臓では通常糖分を再吸収しますが、この薬は再吸収せず、そのまま尿へ排泄してしまおうという薬。

糖分をどんどん尿から出してしまおうというのです。

ですから腎臓が悪い方はあまり糖分が出ていかなくなるので効き目が落ちることが想定されます。

ではどれくらいの腎機能まで使用できるのか?

下の表を見てみると慢性腎臓病の数値であるGFR60以上であればまず問題ないでしょう。

その次の慢性腎臓病ステージ3aといわれるGFR45-60まではなんとか。。。

その下の慢性腎臓病ステージ3bとなると効果は落ちると思われます。

またご参考にしてください。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら