院長の診療日記

2015年5月29日 金曜日

抗凝固セミナー2015~加古川

昨日、加古川市で抗凝固セミナー2015のパネリストとして参加してきました。

/blog/images_mt/2016.6kakogawa%20semi.pdf

目的は加古川市の脳卒中を防ごう。

心房細動による脳塞栓は人生を変えうる大きな合併症といわれてしまいます。

脳塞栓は突然起こり、本人、ご家族にも大きな打撃を与えます。

我々は脳塞栓をどう予防していくか、内科医としてその知識は問われます。

以前は予防薬としてワーファリンしかありませんでしたが、近年NOACという新しい抗凝固薬も発売されていっています。

私は腎臓病患者さんに対する抗凝固薬についてコメントを行いました。

残念ながらワーファリン、NOACともに慢性腎臓病5、透析患者さんでは禁忌です。

ワーファリンも?思う方もいらっしゃると思いますが、必要に応じて投与は可能とされています。

ですが、禁忌ですので、副作用(特に出血)に注意して使わなければいけません。

私は慢性腎臓病ステージ4,5の患者さんが多いのでNOACは使いづらい印象です。

いままでの4種類のNOACの中では、アリストテレス試験でエリキュースという薬が唯一、腎機能障害を持つ患者さんでも(CKDステージ3)ワーファリンに比べて出血のリスクを減らしたと報告されています。

使うとしたらエリキュースなのかどうか?結論はついていません。

NOACを投与する場合は、腎機能障害

基本的にはワーファリンを使用します。

ただ、出血性合併症が怖いので一般的にいわれているほど強く効かせることはありません。

慢性腎臓病が進行すると出血も怖いですし、効かせすぎると出血すると止まりにくくなります。

投与する患者さんは脳塞栓の既往のある方、人工弁を入れている患者さんです。

慢性腎臓病ステージ5の患者さんは場合によってはワーファリンを使わないことがあります。(抗血小板剤は使用しますが)

ワーファリンの使い方に関しては明確なラインが惹かれていないのが現状です。

目の前の患者さんに対して脳卒中を起こさないように予防していくためのさじ加減と経過観察は必要だと痛感しました。


投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2015年5月25日 月曜日

みなさん健診を受けましょう。

このブログでも何度か検診の話とがん発見の話をしています。

内科クリニックのほとんどは生活習慣病中心、あるいは急性の風邪などを診察し、処方を行っています。

癌を見つけようと診察しているわけではありません。

決して癌を無視しているという意味ではありません。

データに異常があるとか、何か余程の悪い症状がない、ある以下続かない限り癌の検査をしないことがほとんどだと思います。

糖尿病で通院していて、「最近、胃が痛くて、食べれなくて、体重も減ってきた。」と訴えれば胃カメラをするでしょう。

しかし糖尿病以外のデータが安定し、胃の症状がなければ胃カメラの話はしないでしょう。

そういう方に早期胃がんがあってもなかなか見つけることができないと思います。

乳がんや子宮がんならなおさらです。

症状がない方こそ,健診の意義があります。



加古川市の健診カレンダーが広告に入っていました。

どの市町村でもしているでしょう。

特に加古川では新しい加古川総合保健センターができています。

気になる方はぜひとも受けてください。

腎臓病、透析の方ももちろん受けてくださいね。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2015年5月22日 金曜日

急激なBUNの上昇~スタッフカンファレンス

透析スタッフカンファレンスを月1回行っています。

持ち回りで月1回、担当のスタッフが、透析スタッフに対して勉強会を行っています。

今回は「急激に上昇したBUN」

BUNが上昇した場合は、食べ過ぎ、逆に食べれない、消化管出血の場合が主にあります。

週3回、患者さんと出会い、何か変化がないかを見る、発見するのが我々の仕事の一つです。

今回、消化管出血を起こし、入院した患者さんがいらっしゃいます。

その患者さんのデータではBUNが90以上になっていました。

なぜ、消化管出血になるとBUNが上昇するのか?


まず、大量出血した場合、消化管で大量の血液が出る(出血)するわけですから、血液の中のタンパク質も小腸から吸収されて、BUNが産生されます。

それ以外にも、大量出血した場合は体の中のタンパク質が分解されて、BUNが産生されます。

出血では早期の場合Hbの低下は認めず、BUNだけが上昇する場合もあります。

すぐにHbも低下してきますが、、、、。

BUNが明らかに上昇している場合は、何か原因があるので要注意ですね。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2015年5月19日 火曜日

加古川での介護保険審査会

今年の4月から加古川市介護審査会の委員になりました。

審査会は意見書や調査表を見て、要支援や要介護の投球を決定します。

委員長1名、医師1-2名(歯科医師含む)、薬剤師、介護支援専門委員で構成されています。

私の場合は、隔週で火曜日に当番となっています。

35人の方の意見書と調査表を見て、コンピュータ上、計算されて出てきた、等級が適切かどうかを話し合いながら行っています。

今日はその日でした。

今日で3回目。

だいぶ慣れてきました。

以前神戸市で4年間やっていましたが、やり方が少し違うので、緊張しましたが、だいぶ慣れ、感覚的にもつかめてきました。

勉強、勉強の毎日ですが、この介護審査会で生活が左右される方もいらっしゃるので、きちんと予習をして、審査会に臨みたいと思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2015年5月12日 火曜日

加古川内科会役員会

5月11日ウェルエージ加古川で加古川内科医会役員会が開催されました。

今年から若手開業医も参加というお声があり、私も参加しました。

会長、副会長はじめ理事クラスの方々が多いのでやや緊張。

協議事項や報告事項がそれぞれあり、未経験なので聞いているばかりですが、これまでは出来上がった広告などで知ることが、実はその前にはいろんな人が携わって、いろんな協議を行い、成り立っていることを知りました。

加古川内科医会は出席率も高く、団結力がある印象を受けました。

加古川をよくしようという熱い先生方が多いですね。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら