院長の診療日記

2015年6月29日 月曜日

学習会と懇親会

昨日、透析患者さんとの第2回学習会と初めての懇親会を行いました。

学習会の前には患者様の総会も行われました。

学習会は当院からは技士が、透析患者さんと栄養をについて、特にアミノ酸の重要性について話をしてくれました。

一つのアミノ酸が欠乏しても、アミノ酸のバランスが崩れてしまい、やせなどを生じてしまう。

タンパク質制限といわれていますが、その中でもアミノ酸スコアの高いものを取るようにしましょう。

栄養は体内を活動する、元気に生活するには非常に重要なことです。

非常にわかりやすいストーリーで話をしてくれました。



次に特別講演で、兵庫県腎友会戸田實事務局量をお招きして、透析患者さんの社会保障についてご講演をいただきました。

特定疾病、重度障害者医療制度など透析患者さんの基本的な医療費を始め、今後の社会保障、特に自己負担の増加、障害年金の等級の見直し、重度障害者医療費制度の年齢制限など短時間で、非常に大切で、また非常に厳しい情勢についてお話をしてくださいました。

午後からは場所を変えて、懇親会を行いました。

30数名の方と、いつもと違った私服でお話をできたのは非常に有意義な時間で、楽しかったです。

いつもと違う雰囲気で笑いながらお話しできる機会を今後も大切にしていきたいと考えています。

最後に、総会と学習会と懇親会を立案、準備をしてくださった役員の皆様、本当にご苦労様でした。

今後ともよろしくお願いします。

また週末のお休みにもかかわらずお越しくださった戸田事務局長、ありがとうございました。

自分時間を削り、身を粉にして、透析患者さん、腎臓病患者さんのためにご活動されている姿勢には感銘を受けました。何卒お体に気を付けてください。今後のさらなるご活躍を祈念しております。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2015年6月23日 火曜日

日本腎不全栄養研究会の発表

今日は勤務終了後、研究会の予演会を行いました。

来月5日に第3回日本腎不全栄養研究会が開催され、その研究会で当院の臨床工学技士が発表を行います。

http://www.jinfuzeneiyo.com/meeting.html

栄養と炎症について話をします。

しっかりと発表し、できれば質問などしてもらって、さらに知識を得てほしいと思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2015年6月20日 土曜日

鶴林寺七夕まつり

来月7月7日に、加古川市鶴林寺で七夕祭りがあります。

当院の透析患者さんで病気にも負けず、前向きに人生を歩んでおられる方がいらっしゃいます。

以前から、阿波踊りをされており、昨年透析の開始以降も各地で阿波踊りを披露し、会長として活躍されております。

8月のお盆にはNHKでも毎年テレビ放映されている阿波踊りにも出演されます。

その患者さんが師匠をされている「はりまめちゃ楽連」がこの七夕祭りにでみなさんに、阿波踊りを披露されます。

http://www.harima-mecharaku.jp/index.html

毎月、あちこちのお祭りに招待されるようで忙しい毎日なようですが、お元気に生き生きとされているのでうれしく思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2015年6月19日 金曜日

シャントPTAか再建か?




上記の2枚のエコー写真があります。

吻合部から数㎝で穿刺部位より手前のエコーです。

脱血不良はないものの、シャント音の減弱を認めます。

上の写真は輪切り。

下の写真は長軸。

血管の大部分が石灰化で埋め尽くされています。

石灰化だけではなくて、一部気質化した血栓のようにも見受けられます。

狭窄しているのは間違いがないので何らかの手段をとらないと早晩閉塞してしまうでしょう。

狭窄部位の前後の血管径は十分に保たれています。

高度な石灰化を伴う狭窄の場合、シャントPTAは難しいと考えています。

通常のバルーンでは膨らまず、カッティングバルーンを用いても、高度な石灰化の場合、逆にバルーンだけではなくて、中のブレードさえも損傷してしまう恐れがあり、危険ともいえます。

ですから、ここまで狭窄が進行してしまった場合は、石灰化を避けて再度中枢側にシャント再建をした方がいいと考えています。

あくまで個人的な見解ですが。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2015年6月17日 水曜日

今月のスタッフレクチャー

「透析開始後1時間以内に静脈圧が上がって困ったことはないですか?」

という題目。

確かに初めに上がって、だんだん安定することはありますね。

だけど調べたことはありませんでした。

当院に勤務している技士が以前調べたことがあるようです。

凝固系には内因系と外因系があって、、血管内凝固は内因系、血管から外に出た場合は外因系。

透析の場合は血液が体外に出るので、「外因系」になります。

外因系は血液が固まるのが早く、10-13秒で完了します。

しかし内因系は15-20分かかるようです。

透析では血液が固まらないようにヘパリンという血のサラサラの薬を注射しながら行います。

特に、透析開始直後にはワンショットといって、多めのヘパリンを一気に注入します。

ヘパリン投与によって透析回路内の血液が固まらないようにします。

内因系、外因系の理屈からすると、ヘパリンによって外因系の凝固は防ぐことができても、内因系は効いてくるまで時間がかかるので、凝固因子が活性化しやすく、静脈圧が上昇します。

それではなぜ、後半静脈圧が低下するのか?

それは時間が経過すると凝固系が抑えられ、線溶系といって血液が溶けだしてくるので静脈圧も低下します。

血液は体外に出た瞬間、凝固系が働きます。

ヘパリンを透析穿刺時に投与すれがない因子系の凝固活性も少なくなる可能性があります。

というようなレクチャーでした。

アカデミックでなかなか聞けない話をコンパクトにまとめてくれました。

私も非常に勉強になりました。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら