院長の診療日記

2015年12月31日 木曜日

今年も1年ありがとうございました。

今日は大みそか。

とはいえ、透析治療は行っています。

また月末ということもあり、レセプト作業もあり、事務員にも来てもらっています。

皆さん、年末なのにお疲れ様です。

1年間色々とありましたが、何とかこなしてきたというちょっとした、また少しの時間の安ど感があります。

というのもあすから、また新たな年が始まります。

なかなか気は緩まりません。

今年も新しい出会いがたくさんありました。

また、透析患者さんとの食事会も初めて行うことができました。

スタッフの向上心も芽生え、シャント管理やフットケアなどスキルアップすることができました。

まだまだ発展途上ではありますが、期待できるわくわく感はあります。

どんどんレベルアップするとともに、患者さんに対して安心してもらえるようなクリニックに作り続けていこうと思います。

ゴールはなく、継続していくことが最も重要なことだと思います。

来年もよろしくお願い致します。



投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2015年12月29日 火曜日

すっかり年末になりましたね。

あっという間に12月29日。

今日で内科腎臓外来は仕事納めです。

透析は関係ないのは言うまでもありません。

外来のBGMはすでに、春の海、一月一日、黒田節などの筝や尺八を用いた正月ソングとなっています。

そろそろ、しめ縄飾りですね。

29日は二重苦の「苦」にかけて、縁起が悪く、31日は「一夜飾り」といって神様に無礼ということで、30日の明日に飾りましょうかね。

今月はブログ更新が少なかったですが、また学術的なブログも書いていきたいと思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2015年12月19日 土曜日

2週間ぶりのブログ更新

ある患者様から回診時に「最近のブログ更新が...」とご指摘を受けました。

その御指摘がすごくうれしくて久しぶりに更新します。

みてくださっているので本当にうれしく、また励みにもなります。

年末は経理関係が非常に多く、そういう経理関係にかぎって、不慣れなものでなかなか時間がかかってしまいます。

医師としての仕事以外にも、書類作成などもありますが、それに関しては慣れています。

しかし、行政に出す書類が多く、年末調整のこともあるので、非常に確認事項が多い時期でもあります。

3回目の年末ですが、「この書類なんやったっけ?、どうするんやったっけ?」など、頭の中が「???」となることもしょっちゅうあります。

それでブログ更新がなかったということにしてくださいね。



今日は、勤務終了後に大掃除と夜には忘年会があります。

1年間、頑張っていただいたスタッフの労をねぎらって、おいしいものを食べて、楽しんでもらおうと思います。

透析スタッフだけではなく、事務員、送迎員も一緒です。

まだ、1年を振り返るのは早いですが、本当にみんな、個々人が目的意識を持てるようになったと思います。

意識が高くなったような気がします。






今年の漢字に「安」という字が選ばれました。

いろんな意味があると思いますが、我々は透析患者さんに対しては「安全」に送迎を行い、ケガのないよう「安全」に管理し、「安全」な透析を行っていく日々の責務があります。

その気の許さない「安全」の連続が、患者さんの「安心」につながっていくものと考えています。

いい緊張感を持って、スタッフ全員が、「安全」と「安心」をいしきすればもっといいクリニックになっていくと思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2015年12月 5日 土曜日

ANP(ハンプ)40-60は全患者に当てはまるわけでない?

透析でドライウェイトの目標としてハンプ採血をすることがあります。

ハンプの目標はよく言われているのは40-60の間。

しかし、論文によっては40-100と報告されているものもあります。

加減の目標は40というのでいいでしょう。

しかし、上限は40? 100?

ハンプはDWの指標としては有用ですが、なかなか「40-60」という狭い範囲でコントロールするのはできますが、性別、心臓の状態、年齢、栄養などそれぞれ異なりますから、わずか20の範囲に全員というのは厳しいですね。

患者さんそれぞれの背景を考慮しないといけないかもしれません。

低栄養状態が悪ければハンプは上昇します。

年齢に伴いハンプは上昇します。

そう考えると、少なくとも年齢に応じて適正目標と設定した方がいいかもしれません。

透析が安定している方には測る必要はありません。

不安定な方で、DWがあっているかどうかわからないときに測定します。

基本的には「40-60」を目指し、その数値から大幅に外れている場合はDW減量ですが、10-40くらいの幅の場合、患者背景を考える必要があるかもしれません。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2015年12月 2日 水曜日

ちょっと困りますね。

昨日はキッセイ薬品で勉強会を行ってきました。

先月末にリン吸着剤である「ピートル」が発売され、製薬会社としてもいろいろ勉強をしなければなりません。

鉄剤を主成分としたリオナを使っている関係もあってご指名がありました。

●鉄の吸収や体内での使われ方

●ESA製剤と使った時の鉄の変化

●リオナの使用経験とそのまとめ

3点に絞って勉強会をしました。

勉強会を行うにはこちらも勉強し、さらにまとめる必要があります。

自分のやっていることをまとめるのは労力がいりますが、自分の診療を見直すいいきっかけにもなりますし、薬剤の効果が改めてわかることも多くあります。

時間はかかりますが、いいきっかけを与えてもらったといつも思っています。

すこしでも製薬会社の方々にお役に立てたらと思います。


しかし、最近薬品製造会社の製造工程の問題で製造が中止になっています。

当院でいうと

化血研のインフルエンザワクチン、ビームゲン

ビームゲンは3本必要なので2本あっても意味がありません。

あと、前立腺肥大治療薬のアボルブ。

これはフランスの向上に問題があったようです。

泌尿器科の先生は大変困ると思います。

アボルブはほかに代わる薬がないので先生もそうですが、患者さんも困りますよね。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら