院長の診療日記

2016年5月31日 火曜日

ドライウェイトの増減とハンプとの関係

透析のドライウェイトとハンプの話です。

当院ではドライウェイト(DW)の調整で1年に2回のハンプ採血を行います。

また、それ以外にもDWの調整が必要な時に適宜ハンプの採血を行います。

一般的にはハンプ:40-60の範囲がDWの適正範囲といわれていますが、100までという報告もあります。

当院では7割弱が60以下であり良好なDW調整ができていると思います。

しかし、慢性心房細動がある方には著明に上昇するため、ハンプはあてにはなりません。

ハンプはDW調整で使いますが、いったい体重が変動したらハンプはどれだけ変化するのか見てみました。

あくまで参考程度ですが、

1か月でDWを0.23㎏減量したら...→ハンプは「-13.0」低下しました。

逆に、

1か月でDWを0.47㎏増量したら...→ハンプは「2.8」しか増加しませんでした。


私の場合、減量するときは少なく、増量するときは多めに変更しますので、増減の範囲は異なりますが、、「DWを0.2-0.3㎏しか下げていないのにハンプは10も下がりました。」

一方ハンプを上げる必要があるような肥満傾向、超える傾向のある患者さんではもともと低いのもありますが、あまり上がりませんでした。

DW変更するときのハンプの動きをだいたい知ることによって、予想することができます。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2016年5月26日 木曜日

DMネットワーク

昨日、糖尿病(DMネットワーク)がありました。

開業医の新人ですが、世話人となりました。

開業医の先生と加古川医療センターの糖尿病でご高名な先生のレクチャーがありました。

高齢者の血糖管理についてのお話が中心で、日本糖尿病学会と日本老年学会の合同で作成されたHbA1cの目標値も教えていただきました。

高齢者といっても元気な方、すこし元気のない方、認知症のある方、目や腎臓など合併症のある方、脳梗塞などで生活に支障のある方などいろんな方がいらっしゃいます。

すべて同じ管理にすると、低血糖により低血糖昏睡、ひどい場合には死に至ることもあり、祖の危険性を回避するためにカテゴリーを3つにわけてそれぞれの目標HbA1cに分けられています。

基本的にはHbA1c7%未満が目標であるということ。

しかし、認知症があったり、手足が不自由な方などは低血糖が気付きにくく、低血糖性昏睡の危険性があるため、HbA1c8.0%未満と血糖目標がやや緩くなっています。

また、インスリンやSU剤など低血糖になる可能性がある薬剤を飲んでいる方は、さらにHbA1cの管理目標が0.5-1.0%ゆるくなっています。

基本的には7.0%未満ということで覚えておいた方がいいですが、低血糖の危険性がある薬を使っている方や、認知症、手足が不自由な方、合併症のある方は主治医に聞いて、自分の目標値をしっかりと聞いておいた方がいいと思います。

あと、測定できる方は眠前の血糖が低くなりすぎないように注意してくださいね。





投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2016年5月24日 火曜日

胃癌のリスク検査~ペプシノーゲン

最近ABC検診でペプシノゲンの血液検査をすることがあります。

これはピロリ菌検査と併用することによって胃がんのリスクをABCDの4群に分ける胃癌検診です。

ペプシノゲンは1と2があり、胃の粘膜が萎縮してくるとペプシノゲン1が減少してきます。

萎縮が進めば進むほどペプシノゲン1が下がります。

しかしピロリ菌を除菌するとペプシノゲン1は上昇します。

基本的にペプシノーゲン1が「70未満」で「ペプシノーゲン1/2の比が3未満であれば胃カメラを受けることを推奨されています。

胃がんは男性にも女性にも起こる疾患です。

また除菌で胃がんの予防することができます。

皆さんABC検診を受けましょう。

ただ、ペプシノゲンに関しては透析、腎臓の悪い方ではペプシノゲン1が上昇するのであてにならないことがあるので注意しましょう。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2016年5月23日 月曜日

しょうが酢は腎臓病患者さんも効くのか?

最近、外来をやっているとやたらとしょうが酢という名前を聞きます。

本当に聞くのか?

各有名人は血圧も血管年齢もよくなって、体重も痩せているようです。

しょうが、酢、はちみつで血圧が下がれば言うことはありません。

しょうがは末梢血管を拡張するので冷えにいいようです。

とくに生しょうがに含まれているジンゲロールは深部の熱を末梢まで運んでくれるので非常に冷えに有効です。

ジンゲロールで末梢血管の細動脈が拡張し、血圧が下がるのか??

代謝は促進されるので、肥満にもいいとは思いますが、はたして透析患者さんや腎臓病患者さんの高血圧に効果があるのかどうか?

塩分が貯留しやすいことによる高血圧患者さんには効きづらいかもしれません。

尿蛋白が陽性の高血圧患者さんにも効きづらいかもしれません。

尿蛋白陰性の患者さんでは効果があるかもしれません。

よくわかりませんが、いずれにしろ悪いことはなく、漢方薬の冷えにも使われていますし、私としては効くのなら効いた方がいいと思うので、体調が悪くならない限り続けてみてもいいと思います。

カリウムが心配ですが、100gのうち、カリウム270㎎ということですので、スライスしたものであれば心配ないと思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2016年5月21日 土曜日

無結晶性尿酸塩は病的意義があるかどうか?

最近、学校を中心として検診が多いです

尿検査異常を指摘された患者さんが週末に多く来院されます。

その時に、尿沈渣という、顕微鏡検査をして、異常がないかどうかを詳しく検査します。

赤血球、白血球が中心なのですが、「尿酸塩」という言葉がよく出てきます。

尿酸塩は尿酸に塩分が結合した状態です。

これが結晶化して、悪さすると「痛風発作」の原因になります。

痛風発作は有名なのが足の付け根の痛みですよね。

ビールなど酒のみの方に多く見られます。

ちなみに、尿路結石などの場合は「尿酸結晶」が悪さをして、結石になります。

ですから基本的には痛風と尿管結石の原因となる結晶は異なります。

ただ、「尿酸」という原因は一緒ですけどね。


元に戻りますと、基本的に尿酸は尿から出ますので、尿から「無結晶性尿酸塩」が検出されることはよくあるので心配いりません。

「尿酸結晶」や「尿酸塩結晶」もすぐどうこうありませんが、その場合は痛風や結石に要注意ですね。


今日は、出勤したすべてのスタッフで駐車場の草抜きをしました。

熱い中みんな文句を言わずしてくれて本当にうれしかったですし、ありがたく思いました。

いいスタッフに囲まれて幸せですね。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら