院長の診療日記

2017年1月26日 木曜日

年々衰える足の筋力

あるチラシにこのような図が載っていました。



目にした時は衝撃的でした。

下肢の筋力がこんなにも早く衰えてくるなんて・・・。

一般的にでしょうが、20歳以降に下肢の筋力が徐々に低下し、50歳以降に全身の筋力が落ちてくる。

年齢の速さには驚きますよね。

下肢の筋力が安定している方は全身の筋力も落ちてきにくいのかもしれません。

やはりウオーキングをはじめ、何らかの運動習慣を付けていかないと65歳以降でかなりの筋力低下にいたり、痛み、転倒などいろんなアクシデントが出現する可能性があります。

言うは易く行うは難しの運動ですが、あえて言います。

皆さん、自分のペースでいいのでぜひとも何らかの運動を取組んでいきましょう。

すべて自分のためです。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年1月24日 火曜日

パーサビブの臨床成績

パーサビブは13週後まで低下し、その後安定する。



とあるので約3か月間は見守っていった方がいいでしょうね。

ちなみにカルシウムは低下しやすく、下の図にもあるように、とくに4-8週後には低下しやすいので、投与後一番要注意なのはカルシウムでしょうね。



効果は投与後1年間という長い期間を見るとなんと87.5%の患者さんでPTHがコントロール範囲内に収まるということなのでなかなか期待できますね。

ちなみにパーサビブは透析で除去されるので、透析後に投与する必要があります。


投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年1月23日 月曜日

尿酸の話:トピロリックでアルブミン尿が減少

尿酸低下薬のトピロリックでは以前から尿アルブミン('尿蛋白)が減少すると報告されています。

つまり、腎臓にいい働きを示すという腎保護作用があるということになります。

興味深いマウスの実験がありました。

同じ系統の新しい尿酸を下げる薬ですが、一方では尿アルブミンを低下させ、一方では尿アルブミンは変わりませんでした。

トピロリックだけある作用と考えていいのかどうか?

フェブリクでも尿蛋白が低下するという報告もあったような気がします。

トピロリックでは尿酸産生に関係するXORという酵素を阻害する作用が強いからという報告もあります。

いろんな報告があるので何を信用するのか?というのは常にありますが、個人的にはいい報告はどんどん受け入れていきたいと思っています。


投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年1月20日 金曜日

多発性嚢胞腎とサムスカ

多発性嚢胞腎という遺伝性の腎疾患があります。

多発性嚢胞腎は透析導入第4位と透析の原因になりやすい遺伝性疾患です。

これまで嚢胞腎に対する薬はありませんでしたが、最近ではサムスカという嚢胞腎のための薬が使用できるようになりました。

腎機能障害が進行してしまうと効果は全くありませんが、慢性腎臓病のステージ1-3であれば効果が期待できます。

実際、日本人でも嚢胞腎の進行が抑制されたり、小さくなったりという報告もありました。

日本人を含めた海外の論文(TEMPO試験)でも腎機能の進行や嚢胞腎の容積の進行拡大が抑えられたとも報告されています。

多発性嚢胞腎といわれている方、ご家族に多発性嚢胞腎で透析されている方は今は腎機能が問題なくても、将来透析になる可能性があります。

腎機能が問題ないうちに、治療する方法が選択肢として挙げられるようになりました。

将来のことを考えて、まずは受診し現状を確認し、必要であればサムスカの投与を考えられてもいいと思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2017年1月19日 木曜日

緊急用はしご

今日は業務終了後、火災を想定した避難訓練を行いました。

出入口は火災で出れないという設定です。

窓から出るしかないという設定ですが、今回緊急用はしごを使ってみました。

これまで開業当初からずっと置いていましたが、使ったことはありません。

意外に重たくて、窓枠にしっかりとかけづらく、緊急時にははしごをかけるだけでも非常に難しいことがわかりました。

また今回ははしご全体をのばしていませんが、はしごの足掛け部分は細く、よほど慎重に下りないと、足をかけれず滑る可能性があることもわかりました。

なにより窓をまたいで、足から降りていくことが非常に恐怖が強く、なかなか緊急時となると余程訓練しておかないと難しいという印象もありました。

ただ、いざというとき、命が危ないという状況でほかに手段がない場合は、身長に力を合わせながら、声をかけながら使うしかないでしょうね。


投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら