院長の診療日記

2019年5月28日 火曜日

新型インフルエンザ

H5,H7新型インフルエンザ

季節性インフルエンザと異なり、ウイルスの増殖期間も長く、死亡率も2-5割と高率です。

新型に免疫がなく、増殖期間が長いために重症化や薬剤耐性も心配されますね。

基本的にはタミフルなどの抗インフルエンザ薬が投与されると思いますが、1シーズンで体制が報告されるゾフルーザを含め耐性が心配ですね。

耐性が生じないアビガンは最終兵器として残されると思れますが、そうならないことを祈っています。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年5月24日 金曜日

薬剤の添付文書の変更

保険医薬品の添付文書が変更になります。

添付文書は薬剤の様々な情報が載っており、投薬する時によく参考にします。

最近ではネットでも見ることができます。

その添付文書の様式が変更になり、わかりやすいものになります。

大きな点が「原則禁忌」、「慎重投与」がなくなるというもの

もともと原則禁忌、禁忌の2つがありました。

さらに、原則禁忌と慎重投与があり、よく区別がつきづらいことがありました。

これを禁忌と注意点に分かれました。

その注意点に関しては、

高齢者、小児、妊婦などいろんな背景によって異なるから、

「特定の背景を有する患者に関する注意点」という項目が新たに掲載され、

そのなかに高齢者などいろんな背景による注意点が記載されるようになりました。

腎障害や肝障害についてもこの項目に記載されるようになります。

これまでの慎重投与がなくなり、「注意点」として項目別に分けられることによって、

見る立場の人間としては非常に見やすくなりますね。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年5月23日 木曜日

夜間急病センターの状況

加古川夜間急病センターの会議がありました。

主には平成30年度の報告を中心とした会議でした。

昨年は合計の利用者が10687人で、おおよそ毎年同じような患者数でした。

しかし、昨年度はインフルエンザが猛威をふるったので、12月と1月は1か月で夜間のみで1000人以上とかなりの流行が夜間でもあったことがわかります。

夜間急病センターは内科と小児科が大体半分ずつくらいの割合で受診されていますが、5歳未満が25%くらいと年齢で区切るとやはり小さなお子様が受診されています。

また救急搬送は1歳未満の方が比較的多く後方病院に搬送されていました。

夜間急病センターは原則1日しか処方できませんので、翌日には近くの医療機関を受診し掛ければなりませんが、夜間で困ったときには非常に助かる存在だと思います。

再来年度には夜間だけではなく、休日と夜間の定点として規模が拡大されます。

そのメンバーでもあるので、いろんな会議を経て、話を繰り返しながら、1次救急の拠点として役目を果たせるよう努めていきたいと思っています。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年5月22日 水曜日

ミネフロ®(新しい降圧剤)

新しい降圧剤が発売になります。

ミネラルコルチコイド受容体(MR)を抑える薬です。

MRが活発になると塩分の再吸収により体液が増加し、血圧が上昇します。

それ以外にも、肥満、心肥大、血管内皮障害、交感神経活性化など様々な悪影響を及ぼします。

ミネフロ®はMRと結合して、ナトリウムの再吸収を抑制し血圧を下げてくれます。

単剤でも12週後に-16、28週後に-19.52週後に-23.7と1年かけて徐々に血圧が低下するといわれています。

効果は期待できそうですね。

ただし、中等度以上の腎障害に方には使用できません。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年5月21日 火曜日

看護師長による認知症のレクチャー

勤務終了後に、看護師長から「認知症の方への対応」についてのレクチャーがありました。



残念ながら私は参加できなかったのですが、事前に作成していたスライドを見ていました。

スライドの最後には認知症の人に行ってはいけない言葉、タブーが示されていました。

・否定しない
・叱らない
・適当にあしらわない
・目線を合わせない
・相手の尊厳を傷つけない

これは、日常生活で、人と接するときは当然の心構えだと思います。

意識せずに行えていることかもしれません。

人を傷つけないなんて特に人権にかかわることなのでそうですよね。

それが認知症の方への対応となると、これらがしらずしらずおろそかになっていってしまうのだと痛感しました。

相手は認知症だからどうせわかっていないだろう、忘れるだろうなど。

認知症の方だからこそ、意識して人権というものを考えなければいけないと教えられた気になります。

認知症になったとしても人は人。 みんな一生懸命考えて生きているのだと思います。

その悩みに日常に中で付き合っていくのは本当に大変なことだと思いますし、きれいごとでは生活できないと思いますし、当事者になってみないとわからないことは多々あると思います。

しかし、少なくとも医療人はこの5つは頭に入れておくべきことだと思いました。


看護師長の講義はすごくわかりやすくて評判です。

いつも自発的に企画してくれて、みんなをいい感じで巻き込んでくれるので非常にうれしく思っています。

非常に意識の高い看護師長で助かっています。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

月別アーカイブ

アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら