院長の診療日記

2019年6月29日 土曜日

尿毒症期におけるACP

最近、ACPという言葉をよく聞きます。

新聞にもよく出てきています。

腎臓病領域に当てはまると、すぐに思い浮かべることは高齢者の方で透析導入するべきかどうか?という点です。

基本的には透析導入することがほとんどですが、中には透析が何かもわからない、自分の力で通院できないなどいろんな問題をお持ちの方がいらっしゃいます。

透析がいざ必要となってから話をするのでは遅いので、比較的お元気な時からご家族を含め話をします。

患者さんが不安にならない程度にいろんな可能性を想定しお話をしていきます。

しかし、一般的な問題点としては、

①かかりつけ医が透析のこと、透析後の生活のことを皆さん知っているわけではないこと、

②透析導入する医師も透析導入のことや透析導入後の生活はわかっていても、どのようないきさつで透析導入したかがわからないこと。

つまり、透析導入前から十分に話、透析導入後の生活も含め十分に説明できているかどうかが問題となります。

超高齢者の透析導入は今後数年増えてくるものと思われます。子の透析導入もACPの一つに当てはまると思います。

透析導入のことだけではなく、人生の終末期もいつかはやってくるからです。

透析をしながら終末期をどう過ごすべきか?

今年はACP,人生会議の元年です。

終末期の考えが大きく変わってくる初めの年になると思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年6月26日 水曜日

高齢者の腎機能

高齢者の腎機能は高血圧から腎機能低下をきたすことが多いです。

小葉間動脈の内膜が肥厚して、糸球体硬化を起こします。

そうなると、尿を濾すところが傷みますので、尿細管や間質も機能低下に陥ります。

糸球体、尿細管、間質が障害されると、腎機能低下が進行してきます。

また、それに伴い、ナトリウムの排泄や再吸収の能力が低下してくるので、体液がたまりやすい、血圧が上がりやすいなどの体液増加になる一方、夏に起こりやすい熱中症などになると容易に脱水に陥ります。

冬に必要であった、利尿剤も夏には減量、中止をするケースもあり、その投与の判断は神経を使います。

夏はこれからです。

減塩は必要で過剰摂取はありませんが、脱水症には十分注意しなければなりません。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年6月25日 火曜日

カナグル(糖尿病性腎臓病関連)

カナグリフロジンというSGLT-2阻害薬のCREDENCE試験が発表されました。

このよう報告によると 腎イベントに関しては、試験の対象は腎機能があまり良くない方々が対象にされています。

推定GFR平均50後半、尿アルブミン900ml/dl台となっております。

この対象でも、投与すると、腎不全、クレアチニンの2倍化、透析導入のリスクが約30%低下していました。

心イベントに関しても心筋梗塞などの心血管イベントや心不全による入院のリスクが一次予防でも結果が出たというのは特筆すべきことだと思います。

SGLT-2阻害薬で糖尿病性腎臓病の予後は将来大きく変わってくると思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年6月24日 月曜日

糖尿病治療薬に期待されるもの

透析導入の原因疾患の第一位は糖尿病性腎症です

。 糖尿病性腎症に対して、国は、2016年に糖尿病性腎症重症化予防プログラムを策定し、2018年には具体的にこの先10年間で5000人の透析導入を減少させるという目標が提示されました。

最近では各自治体でもこの問題に取り組み、受診勧奨、保健指導を行い、中には透析導入数を減少させた自治体もあります。

また、薬剤ではSGLT-2阻害薬の臨床効果が多々報告されています。

血糖を下げる薬剤ですが、予想以上に腎臓にもいい効果を示すことがわかりました。

透析導入を減らす、尿アルブミンを減らす、腎機能(推定GFR)を保つ。

同じインクレチン製剤であるGLP-1アナログも臨床試験で尿アルブミンの低下や腎機能進行抑制が報告されました。

受診勧奨、食事や運動などの生活指導、インクレチン製剤を用いることによって将来的な腎予後は大きく変わってくることを期待します。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年6月22日 土曜日

糖尿病性腎症対策への期待

透析導入の原因疾患の第一位は糖尿病性腎症です。

糖尿病性腎症に対して、国は、2016年に糖尿病性腎症重症化予防プログラムを策定し、2018年には具体的にこの先10年間で5000人の透析導入を減少させるという目標が提示されました。

最近では各自治体でもこの問題に取り組み、受診勧奨、保健指導を行い、中には透析導入数を減少させた自治体もあります。

また、薬剤ではSGLT-2阻害薬の臨床効果が多々報告されています。

血糖を下げる薬剤ですが、予想以上に腎臓にもいい効果を示すことがわかりました。

透析導入を減らす、尿アルブミンを減らす、腎機能(推定GFR)を保つ。

同じインクレチン製剤であるGLP-1アナログも臨床試験で尿アルブミンの低下や腎機能進行抑制が報告されました。 受

診勧奨、食事や運動などの生活指導、インクレチン製剤を用いることによって将来的な腎予後は大きく変わってくることを期待します。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別アーカイブ

アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら