院長の診療日記

2019年8月30日 金曜日

高血圧ガイドライン改訂

日本高血圧学会がガイドラインを改訂しました。

かなり厳しい目標となりました。 今

まで至適血圧という理想的な血圧が120/80未満だったのですが、それが「正常血圧」と理想ではなく、普通に値になりました。

正常高値血圧が120-129 高値血圧が130-139 140以上が高血圧ということになります。

つまり「正常」という名前が消える、130台ですでに高いということになります。

それに伴い疾患別の目標も変わりました。

年齢でいうと 75歳未満は 125/75未満
75歳以上は 135/85未満

慢性腎臓病の患者さんは 尿蛋白ある方は125/75未満

尿蛋白がない方は135/85未満

などおおよそ「-10」が低下しました。

腎臓学会ガイドラインでの目標値と異なることがありますが、基本的にはかなり厳しくなっています。

この背景には治療をしていても、血圧管理が十分できていない方がかなり多いため、降圧目標と強化したものと思います。

今後は130台でも高め(75歳未満)という風になっていくでしょうね。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年8月29日 木曜日

加古川市でRSウイルス感染増加

週報で加古川でRSウイルス感染が増えていると掲載されていました。

おおよそ2歳までに全員が感染しますが、終生免疫とはいかず、感染を繰り替えります。

乳幼児肺炎や気管支炎として重要な疾患ではありますが、

高齢で肺や心臓に疾患をもっていらっしゃる方に関しても呼吸器感染をおこし、

中には入院したり、致命的になったりと注意が必要な感染症なのです。

ただ、通常、大人にかかっても感冒症状で自然軽快しますので、そこはご安心ください。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年8月26日 月曜日

メタボからフレイルの分岐点

特定健診はメタボ健診とも言われ、主には糖尿病、高血圧、脂質異常症、最近では慢性腎臓病を早期発見し、生活指導を行っていきます。

その指導内容としては塩分、糖分、脂肪制限となります。

しかし、高齢化が進行している現代では、「フレイル」にも注意を払う必要があります。

特定健診を受ける方の中にはフレイルの方もいらっしゃいます。

つまり、特定健診を受ける方はたくさんいらっしゃるので、メタボの方、プレフレイルの方、フレイルの方など状態はまちまちです。

1人の患者さん(受診者さん)を見ていくと、もともとメタボ注意の方が、何かを契機に、フレイルになってしまうことがあります。

最近では「フレイルドミノ」という言葉も出てきています。

何かをきっかけにフレイルへ進行していくというもの。

それは精神的なこと、社会的なこと、もちろん身体的なもの、何かをきっかけになっていきます。

メタボとフレイルの生活指導は異なります。

今まで「制限」を中心としてきた指導が、タンパク質を中心とした『摂取』に大きく変わります。

臨床医はその変化を適切につかむことも一つの仕事であり、適切な対応をする必要があります。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年8月16日 金曜日

認知症の予防

ある雑誌で東北大学の辻教授の投稿を読みました。

「超高齢社会を迎える日本 今からできることは何か」

気になったのは2つ

○認知症発症のリスク

○運動と認知症発症のリスク

まず、認知症の発症のリスクで、一番リスクが高いのは「心理的苦痛」でした。

メンタルも認知症の一因となるものの、糖尿病や喫煙よりもリスクが高いのは驚きでした。

楽しく、笑って過ごすといいますが、その大切さは認知症発症予防にもつながるのですね。

もちろん、糖尿病や喫煙などは体にもよくないので注意しましょうね。


つぎに運動と認知症の関係。

1日のうち30分未満の歩行時間というのは身体的不活動に当たるようです。

ただ、30分から60分、60分以上など、30分毎歩行時間が延びると、認知症のリスクもそれに伴い低下します。

海馬の容積をMRIで経過観察した報告では、

週3回40分の歩行の有酸素運動した群は、週3回ストレッチの群に比べると海馬の容積が増加し、さらに記憶能も向上したようです。

もう一つ大切なことは、

最大酸素摂取量が増加するほど海馬の容積がさらに増えるようです。

まずは、週3回の散歩。

可能であれば早歩きを入れたり、歩く速度を増やしたり。

すごく余裕がある方はジョギングを軽く加えたり。

習慣化することが最も大切ですが、習慣ができた素晴らしい方は、さらに内容を充実されることにより認知症の発症リスクは減るものと思われます。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年8月15日 木曜日

台風襲来と透析スケジュール

台風10号がもうしばらくしたら近畿に最も近づいてきます。

今のところは小康状態で風や雨も強くなく、いよいよ来たかという雰囲気もありません。

患者さんも無事に変えてやれやれですし、スタッフも安全の帰宅させる必要もあります。

電車で来るスタッフは運休の可能性が高かったため事前に休ませました。

台風による透析への影響は運、不運はあります。

今日は幸い木曜日で1クールの透析です。

もし、今日が金曜日であれば午後から透析があり、午後の透析患者さんが終了する時には荒天の可能性が高く、帰宅困難になるかもしれませんし危険な状態になります。

今回、当院では幸いでしたが、日本のどこかでは今日昼から透析、夜も透析という医療機関もあるでしょう。

事前にスケジュール変更など行っているかもしれませんが、

実際、木曜日午後の患者さんを全部、翌日や前日に振ることは不可能だと思います。

おそらく、そのままスケジュール通りに実行せざるを得ないのでしょう。

まだ、台風は10号です。

これからまた発生するでしょう。

昨年の9月のこともあります。

「何とかなる」と思いながらも、慎重な判断は常に必要だと感じています。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ

アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら