院長の診療日記

2019年11月12日 火曜日

新しい腎性貧血の内服薬:エベレンゾ

本日、新しい腎性貧血の経口薬の説明会がありました。

商品名はエレベンゾ。

これは世界初の、低酸素誘導因子プロリン水酸化酵素(HIF-PH)阻害薬で、腎性貧血としては初の内服薬です。

このHIF-PH阻害薬は内因性のエリスロポエチンを増加させる薬ですが、さらに鉄代謝に非常に需要な働きをしているヘプシジン低下させます。

つまり、ヘモグロビンが上昇するだけではなく、鉄の利用効率も上昇するので、さらにヘモグロビンが安定しやすくなります。

ダルベポエチンとの比較試験では、

①ヘモグロビンの維持に関しては非劣性

②鉄利用率が増加するため、鉄の利用状態にかかわらず、安定。

通常ですと、鉄利用率が悪いと、貧血の薬は多く必要になります。

ですが、エベレンゾの場合は、鉄利用率が悪いと言われる、TSATが低く、フェリチンが高いようなケースでも効果が十分に発揮されます。

③高感度CRPの低下(炎症の抑制)

上記の3つが試験結果として報告されました。

もちろん副作用はあり、特に血栓症の副作用は気になるところです。


この薬剤によりこれまで使用してきたESA(注射製剤)の使用量は減ることとなります。

ESA多く使用している場合と少ない場合と比べると、ESAを多く投与しているほうが、心血管イベントや死亡率が多くなるという報告もあります。

では、エベレントを使用して、ESAの投与がなくなれば、心血管イベントは減るのでしょうか?

臨床的にはそこが大切です。

エベレントによりヘモグロビンが安定し、鉄の利用率が上昇し、炎症が抑制された結果、患者さんにどれだけのメリットが示せるか?

画期的な薬剤と思いますが、そこが、今後問われると思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年11月11日 月曜日

緊急を要する頭蓋内病変

ある雑誌を見ていると、

緊急を要する頭蓋内病変が5つ挙げられていました。

ぱっと思いつくのが、

脳内出血、くも膜下出血、椎骨動脈解離です。

この雑誌には、それ以外にも

・可逆性脳血管攣縮症候群

・脳静脈洞血栓症

の二つが挙げられていました。

正直言って、ぴんと来ない病名だと思います。

一つ目の可逆性脳血管攣縮症候群は、

排便のいきみ、入浴などの生活動作に伴う繰り返し発症する頭痛です。

画像では、皮質下に非動脈瘤性くも膜下出血のように見えるようです。

二番目の脳静脈洞血栓相は若者に発症することがあります。

頭蓋内のうっ血により頭痛が発症しますが、急激というより比較的緩徐に発症するという感じです。

当院はクリニックですので確定診断は困難ですが、頭痛の緊急性、非緊急性の区別は難しいです。

特にくも膜下出血の前駆症状ですね。

ただの頭痛か、大きな疾患の前触れか。

本当に迷うことがあります。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年11月 7日 木曜日

CKD管理の講演会

本日、CKD慢性腎臓病の管理についての講演会がありました。

加古川中央市民病院腎臓内科の白井先生のご講演で、私は座長をさせていただきました。

尿や血液検査などの基本的な評価から、最近話題のDKD(糖尿病性腎臓病)、最後には食事療法についての講演がありました。

ご自身の経験以外に、たくさんの海外の論文から情報を収集され、ご発表され、非常に勉強になりました。

特に、DKDは最近できた概念で、今後浸透していくものと思われます。

減塩、タンパク質性現職、薬物療法などを患者さんここに合わせていくという重要性を改めて認識いたしました。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年11月 7日 木曜日

頸動脈エコー

透析患者さんに対して1年に1回頸動脈エコーを行っています。

注意してみている点としては

① 1.5㎜以上のプラーク

② 拍動に伴って動揺する可動性のプラーク

③ 潰瘍形成

④ 低輝度(灰色)のプラーク

透析患者さんは石灰化【白】が多いですが、中には上記のようなプラークをお持ちの方がいらっしゃいます。

狭窄度に関しては50%以上の狭窄があれば、

① MRA予約

② 脳梗塞既往歴、一致する症状があれば紹介

という流れにしています。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2019年11月 5日 火曜日

アルブミン濃度の検査方法

11月1日に加古川保健センターの検査部会が開催されました。

検査部会は血液検査などの検体の正確性、運用方法などについて協議していきます。

今回、協議の一つにアルブミン濃度薬の測定方法について議題が上がりました。

現在、保健センターではBCG法で測定されています。

一方、改良BCP法で測定されている検査会社もあります。

BCG法ではアルブミンが約0.3くらい高い値となります。

ガイドラインなどではBCG法が多くなっていますが、改良BCP法を用いている施設が多くなっています。

当院でも下記のように検査方法をBCG法にするとアルブミンが上昇しました。



どちらがいいのか?

何を基準にするのかが問題となります。

基準を世間一般の方法に合わしても、ガイドラインがBCG法では何を基準にして判断すべきかが難しくなります。

世間がBCP法、ガイドラインもBCP法なら変更したほうがいいと思いますが、まだ、基準としては今のところ一律になっていないようです。

協議の結果、両方の測定方法行いながら、適正な方法の選択を模索することとなりました。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら