かゆみ

2016年5月16日 月曜日

セレスタミンの長期投与は要注意

セレスタミンは蕁麻疹、かゆみ、鼻炎などの投与します。

ベタメタゾン0.25㎎+クロルフェラニンマレイン2㎎が入っているので、鼻炎、じんましんなどには著効します。

しかし、ベタメタゾンはステロイドであり、第一選択薬にはなりづらい薬剤です。

ヒスタミン1拮抗薬が効きづらい場合などに投与します。

「ベタメタゾン0.25㎎」はステロイドとして多いのか?

ベタメタゾンは治療薬としては「リンデロン」という名前になります。

リンデロンは一般的によく使用されている「プレドニン」を比較すると約6-8倍の効果を発揮します。

ですからリンデロン0.25㎎入っているということは、「プレドニン1.5-2.0mg」入っているということになります。

この量は大量ではありませんが、長期投与となると糖尿病、白内障、骨粗鬆症などに注意が必要ですね。

透析の患者さんでかゆみがつらいときに処方することもありますが、原則的には長期投与せずに、速やかに減量中止する薬剤ですね。

特に糖質コルチコイド作用が強いので糖尿病の患者さんには要注意です。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2016年3月25日 金曜日

レミッチ(かゆみ止め)の改訂

血液透析患者さん専用のかゆみ止めである「レミッチ」のいう薬があります。

透析患者さんの30-50%前後に何らかのかゆみがあると報告されており、特に夜間のかゆみがひどい方もいらっしゃいます。

睡眠不足はもちろん、精神的にもイライラして、「血が出るまで掻いてしまう」という方もいらっしゃいます。

基本的はかゆみに対してはステロイドなどの外用剤が第一選択薬となりますが、内服薬も必要となってきます。

レミッチは2週間かけてゆっくりと効いてきます。

不眠などの副作用もありますが、重篤な副作用は少ないと思います。

改訂後の注意点があります。

★透析患者さんはカリメート、アーガメートなどカリウムを下げる吸着剤を飲んでいることがありますが、レミッチと一緒に飲むと
上記のカリウム吸着剤とレミッチがひっついてしまって、レミッチの効果がなくなってしまうということなのです。

しかも!実験はその吸着率は98.8-98.9%とほとんどひっついてしまいます


患者さんだけではなく、我々、医療従事者、薬剤師も知っておくべき情報ですね。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2015年8月27日 木曜日

今月のミニレクチャー

今月は私の方から「透析とかゆみ」についてレクチャーを行いました。

透析患者さんとかゆみ。

頻度、重症度(睡眠に影響するか?など)、透析歴、糖尿病の有無など話で開始し、あとはステロイドのランク、軟膏とクリームの特徴と使い分けについて説明をしました。

スライドの大半は写真を用いて説明しました。

乾皮症、皮脂欠乏性湿疹、貨幣状湿疹、結節性痒疹など。

一番はその皮膚所見を正しく判断すること。

これが一番難しいんですよね。

フットケアにも力を入れており、このようなかゆみにも遭遇する機会が多くなってくると思います。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2013年12月23日 月曜日

つらいかゆみはできる限りオンラインHDFで

透析患者さんのかゆみはつらいことが多いです。

かゆみは基本的には軟膏などの外用薬になります。

ただ、全身ともなると塗り切れないくらいになります。

当院では軟膏やかゆみ止めの飲み薬を使いますが、いい透析をしてかゆみを軽減しようと考えています。

その中でもオンラインHDFは有効です。

透析でα1ミクログロブリンという物質があります。

この物質を25%前後、オンラインHDFで除去できるくらいに条件を調整する必要があります。

大きな透析膜を使用して、抜けの良い透析膜を使用します。

また補液量を上げる必要があります。

膜に負担がかかりやすいのでそこは調整が必要です。

圧負担がかかりすぎると膜が痛んだり、余計な物質が出て行ったりします。

たくさんの補液量を使用し、かつ膜の負担(TMP)を見ながら、ベストな補液量を選択する必要がありますね。

患者さんのかゆみをとっていくことは非常に重要なことだと考えています。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

2013年12月11日 水曜日

透析患者さんのかゆみ

透析患者さんの約7割にかゆみを経験をされたことがあり、その程度が中等度以上の患者さんがそのうちの70%も占めています。

かゆいとイライラしますし、かきむしるまでかいてしまって余計に書掻いてしまうし、睡眠不足にもなり得ます。

かゆみ対策としてはまずは乾燥から守ること。

皮膚の売亜機能が低下していると余計に刺激に負けてしまうので保湿剤は必要でしょう。

かゆみ止めに関してはザイザルやアレジオンなどのヒスタミン拮抗薬がよく効く方と聞かない方がいらっしゃいます。

内服薬とするとまずはヒスタミンを処方し、全く効かない場合はヒスタミン拮抗薬を中止し、れみっちを処方します。

れみっちは透析患者さん用のかゆみの薬ということで特効薬とも期待できる薬です。

全国の透析施設297施設の報告でも70%以上がレミッチによってかゆみに対して効いたという報告もあります。

PTHやカルシウムやリンの問題もありますが、なんせかゆいのが患者さんの悩みなのでそれに対しては早めに取ってあげたほうがいいと思います。

また印象や過去の報告から、オンラインHDFも有効と考えます。

補液量をあげてるとさらにかゆみに対して有効だと思います。

透析液と補液量のバランスは施設ごとに差はあると思いますが、かゆみに関しては補液量増量は有効な手段と考えます。

投稿者 きたうらクリニック | 記事URL | コメント(0) | トラックバック(0)

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら