HOME > 当院の治療の流れ

当院の治療の流れ

カウンセリング風景 じっくり丁寧に診察します

まずは症状などじっくりお話を伺い、そして聴診、触診を行います。
医師としての長年の経験から、内科系の疾患はこの時点でどんな病気が潜んでいるのかがある程度判断できます。
異常があると思われる方には血液検査、尿検査、エックス線、エコーなどでさらに詳しく検査していきます。

エックス線では、胸に水が溜まっていないか、心臓に負担がかかっていないかを確認します。
腎臓以外でも、慢性腎臓病の患者さまは脳卒中や、心臓病にかかりやすい傾向にあるので注意が必要です。
胸が苦しい、動悸がするという方には不整脈や狭心症の疑いがありますので、24時間心電図を記録できる、ホルター心電図検査を行います。
また、動脈硬化の程度を調べる「血管年齢検査」も行っております。

尿検査健診などでの尿検査で、尿蛋白や尿潜血が出た方は腎臓病が疑われますので、専門家の立場から患者さまにわかりやすくお話しさせていただきます。

このように適正な検査、適切な治療を施すことで病気を早期発見し、病状の悪化を防いでいきます。

当院で行っている検査

当院では、一般的な血液検査や尿検査の他、下記の医療機器を使用してより正確な検査を行っています。

ホルタ―心電図

ホルタ―心電図小型の医療機器を携帯し、長時間心電図を記録できます。長時間の計測で、より正確な診断が可能です。
血管年齢検査

血管年齢検査動脈に狭窄や閉塞がないか、動脈硬化が起こっていないかを測定します。
検査時間は数分程度です。
胸部X-P

胸部X-Pエックス線で胸部の撮影をします(X-PとはX‐ray Photographの略)。
胸に水が溜まっていないか(胸水)の診断の他、肺癌や肺炎や結核など多くの診断に使われます。
エコー

エコー超音波を体に当て、その反響を映像化して診断します。
超音波は短時間で体の中を進んでいき、臓器など固いものに当たると反射するので、その反射音波で距離や状態を測定し、体内の様子を可視化するのです。
腎臓はもちろん、肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓など様々な臓器の診断に用いられます。
血液検査・分析

血液検査・分析最新の血液検査機器を導入することで、これまで結果がでるのに半日以上要していた血液検査が、およそ10分程度で分かるようになりました。
薬の投与量や病気の程度などがその日のうちに診断可能です。
心電図

心電図心臓の活動をグラフに記録することで、心疾患の診断と治療に役立てます。

この他、上記にあるホルタ―心電図では、24時間の装着により時折しか出現しない不整脈を捉えることができます。
アクセス


大きな地図で見る

〒675-0012
加古川市野口町野口220-1

【診療時間】
■透析(予約制)
月・水・金…8:00~18:30
火・木・土…8:00~13:30

■内 科・腎臓内科
月~金…9:30~12:00 15:00~17:00
火・木・土…9:30~12:00

【休診日】日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら